宅建協会認定アドバイザー

この記事を読むのに必要な時間は約 1分12秒です。

公益社団法人全国宅地建物取引業連合会は
日本最大の不動産業界団体です。

各都道府県に地方本部がありまして、
神奈川県にももちろんあります。

神奈川県宅地建物取引業協会といいます。
まんまですね(笑)
現在は社団法人ですが、先日公益社団法人の申請が認められた為
来春に公益社団法人化の予定です。

社団法人と公益社団法人。
何が違うのかというと、公益社団法人は高く、
公益性が求められ、ざっくり言うと活動の50%が
公益性ある活動をしている団体でないと認定がもらえません。

その、神奈川県宅地建物取引業協会から
認定アドバイザー証が届きました。

見た目は少し残念ですが。。。(笑)

認定アドバイザーという言葉は聞きなれないと思いますが
先ず宅建主任者資格を取得していることが必要です。

さらに、実務経験も要求されます。
さてやっていることは何かというと・・・

「不動産何でも相談窓口です」

認定アドバイザーは、一般消費者や会員である不動産会社から
不動産に関する質問などに答える立場の役割で、多種多様な知識を
持っていないと務まらない役割です。

研修という名の勉強会が多いのですが、非常に役に立っています。
私も不動産相談員になって早、5年目ですが毎日勉強です。

学生の頃は勉強は好きではありませんでしたが、不動産についての
知識を知れるこの役割になれたことは、素直に嬉しいです。

実は認定アドバイザーになるには
同業他社の推薦が無ければなることが出来ません。

私を推薦していただいた、同業他社の方々に感謝をしたいと思います。
住宅ローンが大ピンチ!その時どうする