競売入札日まで14日という任意売却

競売入札日まで14日という非常に厳しい状況の
任意売却のご依頼をいただきました。

しかも、リースバックのご希望もあり。
他の任意売却会社にも相談したそうですが、断られてしまったそうです。

さすがに厳しいかなと感じたのですが、何とかしてあげたい。。。

何しろ時間がないので、一般消費者売りと投資家売りと
同時並行で任意売却をすることにしました。

投資家が購入すれば、売却後賃借できますが
一般消費者が購入すると単純売却になります。

幸いなことに、予定価格で売却できれば
債務は全額完済することができます。

但し、ローンを使う買主では時間的に間に合わないので
キャッシュで購入できる買主を探す必要もあります。

ハードル高し。

競売になると、債務が残ってしまいます。
意地でも成功させなければ。

続く

追記:無事解決できました。
競売14日前からの任意売却事例

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。