家が無くなったらローンを払わなくても良いか?

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「家を取られたらローンを払わなくても良いか?」というテーマで進めていきます。

競売や任意売却の結果「家」が無くなった場合、払っていない住宅ローンはどうなるのか?という点について、分かりやすく書いていきますね。

『杉山さん、家がなくなったらローンも無くなるんですよね?』

結構よく聞かれるご質問です。
あなたはどう思いますか?

住宅ローンを借り入れする条件として、購入する不動産を担保にして借り入れをします。
担保とは借金のカタと思っていただければOKです。

若い世代の方には、なじみがないかもしれませんが、質屋さんに質入れした商品が返済できないことにより質流れになると換金されてしまうようなものです。

質の場合、質流れしてそれで終わりですが、住宅ローンの場合は違うのです。

本当は、期待されている通り、お答えしたいところですが残念ながら、競売や任意売却で家が無くなったからと言って、住宅ローンが自動的に無くなることはありません。
(売却金額で残っているローンが全額払えれば、もちろん無くなります。)

では、何がどうなるのでしょうか?

ズバリ「担保が無くなる」のです。
担保が無くなるだけで借金は残るのです。

住宅ローンを借りるにあたって、不動産を担保に入れていました。
もし、住宅ローンの支払いができない場合、この担保不動産を処分して換金し、返済に充てます。
この手続きを法的に行なうことを競売といいますね。

変えたお金で全額住宅ローンを支払えれば、借金はゼロになります。
売れたお金よりも銀行に返済しなければならないお金が少なければ、おつりが来ます。

しかし逆に足らなかった場合、追加で払うよう請求されます。

すなわち、競売や任意売却で家が無くなっても借金はなくならない。
と言うことになります。

いかがでしたが?

住宅ローンが払えない場合、家が取られるだけ」と思っている人が多いと思いますが、そうではないことがお分かりいただけたのではないかと思います。

専門的な言葉になりますが、日本の住宅ローンはリコースローンという仕組みで担保が無くなっても借金は残るのです。
ノンリコースローンであれば担保が無くなれば借金も無くなるのですが、日本では普及していません。
また、ノンリコースローンの場合、貸主リスクが非常に多いので貸出限度額も必然的に低くなってしまいます。
結果、自己資金を多く持っていないと借り入れできないので、この点も普及しにくい要素ですね。

話を戻しますが、家が取られて終わりではないので、自己破産を避けるなら任意売却が望ましいです。

専門家に相談で楽して安心!

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談