【診断結果】競売手続き進行中!今すぐご相談を

もう直ぐ裁判所から、調査の案内が届きます。
執行官という人と不動産鑑定士がやってきます。

執行官は、不動産に誰が住んでいるのか?雨漏り等不具合はあるか?
等という現在の状況についての質問と室内の写真を撮影していきます。

不動産鑑定人は、競売にかける際の価格の調査の為に内外部に使われている材料や
建物の面積等について調査をしていきます。

この調査は強制力があり、居留守を使っていても阻止できません。
最終的には鍵屋さんに鍵を開けさせ、勝手に室内に侵入して調査を
していきます。

と言ってもいきなり進入してくるのではなく
ある程度、こちらサイドの希望日も聞いてくれますので
要望がある場合は、連絡してその旨伝えましょう。

この後の手続きは、現況調査報告書及び不動産評価書の完成→
売却基準価格の決定→物件明細書の作成→売却実施命令→入札という流れで
残された時間は、約2~3ヶ月です。

先に行けば行くほど、任意売却が困難になり又、打てる手も少なくなってしまいます。

残された日程で買主を探し、銀行(債権者)と交渉ができれば
競売の取下げが可能です。

もちろん、銀行等の交渉等は私どもにお任せ下さい。

日程的には、何とか間に合いますので、今すぐご相談下さい。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談