【診断結果】既に破綻状態!今すぐ電話を

返済の延滞が3~4ヶ月の場合は、「遅れた分の返済要求」が来ますが
5~6回になると銀行は「一括返済の要求」をしてきます。

この時点で、分割払いに戻ることは非常に困難になります。

「期限の利益の喪失」といい
その時の残額全てを一括で返済しなければならない。と決められているからです。

お手元にある住宅ローンの契約書に記載されています。

「分割払いでも大変なのに、一括で払うなんてとても無理!」
あなたはそう言いたくなるでしょう。
私もそう思います。

実は銀行もそう思っています。
実は、一括返済の要求というのは競売手続きへの準備なのです。

「借入額全額の返済を要求したが、払ってもらえなかった。
だから、競売手続きで強制的に売却してください。」
と裁判所へ訴えるのです。

ご損じかも知れませんが、裁判所で根付けされる金額は
相場の56%。約半値です。

半値で売られてしまったとしたらどうなるでしょうか?
当然、多額な借金が残りますね。

これでは再スタートも大変です。
何とかしたくはありませんか?

まだ諦める必要はありません。
楽な状況ではありませんが、決して遅すぎることはありません。
今すぐご相談下さい。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談