【診断結果】税金の差押えは致命傷にも!今すぐ電話を

税金の未払いが原因で、不動産が差し押さえられるということは
少なくとも数十万、多くの場合は百万以上であることが多いようです。

ちなみに弊社に相談された方で最低は4万5千円。
最高記録は3700万円でした。

税金の差押が付けられても住宅ローンを払っていれば大丈夫。と思っている方がいらっしゃるようですが
「不動産が第三者から差し押さえられた場合、住宅ローンを一括返済しなければならない」
銀行によって、多少ニュアンスが違いますが
あなたか借入している住宅ローンの契約書には、このような文章が書かれています。

つまり、住宅ローンが遅れていなくても一括返済を要求される可能性があるということです。
危険度が高いこと。ご理解いただけましたでしょうか?

住宅ローンの借入がなければ、税金の差押がついただけで直ぐに不動産を持っていかれる危険は少ないですが、
安心はできません。延滞税も年率14.6%かかりますから、
かなり負担が重たくなります。

まして、住宅ローンがありオーバーローン状態(売れる金額よりも借入残高が大きいこと)で
税金の未納額が三ケタ、つまり100万円を超えてくると
任意売却のハードルが高くなってきます。

理由を書くと長くなりますので割愛しますが、売却代金を銀行と役所で分け合うのですが
銀行、役所間で利害が相対し折り合いが付きにくいのです。

と言っても、まったく可能性がないわけではありません。
物件が売却できる価格、残っている住宅ローン、未納の税金など
状況に応じて対応策があります。

あなたが先ずすべきことは、今すぐご相談のお申込みをしていただくことです。
我々が全力でサポートいたします。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談