任意売却時、室内のリフォームは必要?

任意売却の手法の内、単純売却をする事になった場合、販売の対象となるのは、一般の消費者です。

さて、この場合室内のリフォームはしたほうがよいのか?と言うことについて一緒に考えていきたいと思います。

中古市場におけるリフォーム済物件の割合

日本全国で中古の戸建てやマンションが売りに出されていますが、その内、リフォームされている物件の割合はどのくらいあるかご存知でしょうか?

私の経験上、リフォームして売りに出されている物件は、中古売り物件の内2割程度です。

意外と少ない。と思いましたか?
中古の不動産は、その売主が一般の消費者である場合と、不動産業者である場合の二種類に分けれます。
一般消費者が売主の中古不動産は、リフォームがされていることは、ほとんどありません。
一方、不動産会社が売主の中古不動産は、ほぼ100%リフォームされています。
一般消費者が売主の物件と、不動産業者が売主の物件の割合が8対2なのです。

リフォームすると売りやすいか?

不動産業者の買取や投資家への販売の場合、相手はプロ又はセミプロですから、室内の状態が良くなくても販売することは十分可能です。

しかし、任意売却をする相手は、基本的に一般消費者となります。

一般消費者はプロではありませんので、不動産会社への販売と話しは別です。
一般の消費者は当然「きれいな状態で見たい」という願望があります。
そういう意味では、内外装のリフォームをしたほうが圧倒的に売りやすいと言えます。
しかし、リフォームをする為には荷物を移動する手間はもちろん、もっと大きな問題がありますね。

そう、お金の問題です。

販売する前にリフォーム工事を行うということは、イコール先にお金の支払いが出てきます。
住宅ローンの支払いができずに、不動産を売却する訳ですから、事実上できませんよね。

更に言うなら、売れなくても工事代を払わなければいけません。
とてもそんな余裕はありませんよね。

もう少し突っ込んでお話しをすると、リフォーム工事代は任意売却の経費として認められないのです。
つまり、売却代金から捻出することは不可能で、完全に持ち出しになるわけです。

そのような理由から、弊社ではリフォームしてからの販売をお勧めしておりません。

今ある現状のままでの販売活動を推奨しております。
なるべく、お金がかからない方法で、なるべくリスクを負わない方法で任意売却を進めて行けるようにしております。

リフォームせずに販売することが不利になるか?

前述したように、理想論はリフォームして販売ですが、事実上それは不可能ですから、改修工事をせず、現状。つまり今ある状態で販売せざるを得ません。

そこで、気になるのが、「リフォームせずに売れるのだろうか?」という事です。

結論から言うと、リフォームしなくても売れます。
お客様の中には、自分の理想の通りリフォームしたいという要望を持っている方が多数いらっしゃいます。

間取りを変えり、自分の好みのデザインにしたい。という要望です。
物事は、一面だけからではなく、多面的に見ることが大切です。

リフォームできない事情があるなら、リフォームを望んでいない顧客層を想定して販売活動をすれば良いのです。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする