住宅債権回収機構からの任意売却回答

この記事を読むのに必要な時間は約 1分10秒です。

九州では早くも入梅したそうですね。
ジメジメとした湿気の高い季節は、ズボンが肌に張り付いて
ニガテ。。。

こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
このブログは「住宅債権回収機構からの任意売却回答」というテーマで
ただ今任意売却進行中というカテゴリーです。

競売までの間に債権者から任意売却を勧められることがあります。
不動産会社も紹介してくれる債権者もいます。
(もっとも、債権者から勧められた不動産会社は横柄な対応をする所が
多いと耳にしますし、そもそも債権者から依頼されて仕事をする会社なので
あなたの味方になってくれる可能性が低いのは当然ですが。)

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合
「任意売却申出書」という書類があり、任意売却をする場合は
依頼する不動産会社等、必要事項を記入、押印して支援機構に提出します。

依頼された私達は、価格査定書、評価証明、室内の写真
実査チェックシート、地図、売出価格確認申請書を作成し
提出します。

一般の売買のように、売主からの依頼で即販売。とはならず
販売開始までに、複数の手続きが必要となります。

先日、相模原市南区で任意売却のご依頼をいただいた
戸建ての「売出し価格について」という通知書が届きました。

売出し価格についてという書類は、債権者である住宅債権回収機構から
●●万円以上で販売してください。
という通知書です。

簡単に言うと、●●万円以上であれば販売活動をしてもOKです。ということです。
これでようやく販売活動に入ることができます。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談