「代位弁済」通知が届いた

この記事を読むのに必要な時間は約 1分57秒です。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。
今回は任意売却コンサル杉山 善昭のブログというカテゴリーと
代位弁済というカテゴリーで

「代位弁済」通知が届いた

というタイトルのブログです。「代位弁済」のことについて分かりやすくお話をさせて
いただきますので、宜しくお願いいたします。

さて、そもそも代位弁済とは何だかお分かりになるでしょうか?
代位弁済とは、「代わって弁済すること」を言います。

例えばAさんがBさんからお金を借りたとしましょう。
この借金にCさんが連帯保証人になっているとします。

AさがんがBさんにお金を返せなくなったら、BさんはCさんに
お金を返すよう要求しますね。

Cさんは渋々(だと思います)Bさんにお金を返すことになります。
これは、Aさんに代わってCさんがBさんへお金を返したということです。

これが、「代位弁済」です。

では、話を元に戻しましょう。
一般の住宅ローンは、借入時に銀行の子会社があなたの保証人になっています。

あなたが返せない場合、銀行はあなたの保証人(銀行の子会社ですが)に
返済を要求します。

この要求に基づいて、借金が返済されることを、代位弁済と言います。

なんとなくイメージ掴めたでしょうか?

さて保証人は、あなたに代わって返済しただけですから
当然、あなたに「立て替えたお金を返して欲しい」と要求してきます。

立て替えたお金を返せずにいると・・・
裁判所で競売という手続きを申立て、強制的に換価しようとします。

人の家を勝手に売るなんて、トンでもない!とお感じになるかもしれませんが
残念ながら法律で認められた制度なので、止めることはできません。

そして一番怖いのは、裁判所で販売される金額です。
なんと相場の56%の金額が最低ラインとなることが多いです。

がんばって購入したマイホームが、相場の約半額で叩き売られてしまう。
相当なストレスだと思います。

さて、代位弁済後、競売の申立てがされてしまったら、手をこまねいて
見ていることしかできないのでしょうか?

答えはノーです。

代位弁済がされ、競売の申立てが成されたとしても
まだ、打てる手はあります

任意売却という、特別な手続きです

私達住宅ローン緊急相談室は任意売却の注意点や
気をつけるべきポイント、競売との違いについて、わかりやすくアドバイスと
サポートを行なっておりますので、遠慮なくご相談くださいね。

「代位弁済した」と銀行から言われ、任意売却を検討し始めた方は
【来店不要】東京/神奈川で任意売却を考え始めた方へという記事がお役に立つと思います。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談