不動産高値買取がありえる理由

不動産高値買取こんにちは、任意売却の専門家杉山 善昭です。

「「高値で売却」はウソでも「高値買取」はある理由」
というタイトルのブログです。「不動産の売却と買取」のことについて分かりやすくお話をさせて
いただきますので、宜しくお願いいたします。

「このエリアで探しています」というチラシがウソであることは以前の記事で書いた通りです。
まだご覧になっていない方は、こちらの記事をご覧ください。

では本題です。
このエリアで不動産を探していますという記事の通り、「高値で売却」は不可能です。
マイホームを購入するお客様は、何十件もの売り物件と「あなたの家」を見比べて結論を出すのですから、相場よりも高ければ売れるはずもありません。

では、なぜ「高値買取」はありえるのでしょうか?

まず一つ目を説明しましょう。
先の「高値で売却」という件、買主は消費者です。
それに対して、「高値で買取」の場合、買主は不動産業者です。

不動産業者は不動産を買い取った後、修繕して再度販売します。
若しくは、古い建物を取り壊して更地若しくは建て替えて売却します。

どちらにしても、再度販売することになります。

買取再販プロジェクトというのですが
経験豊富な不動産会社でも、失敗することがあります。

「再販売価格の設定を間違えてしまうのです」

不動産を買い取って再販売する計画を練る場合に
事業計画書を作成するのですが、再販売価格を相場よりも高い値段で計画してしまうことが
よくあります。

再販売価格の設定が高ければ高いほど・・・
仕入れ可能金額も上がります。

つまり、買取金額が高額になるのです。

もう一点、高値買取になるケースをご紹介しましょう。
買取事業を行っている不動産会社は、「年間買取件数の目標」というものがあります。

どの会社にも営業目標があるように、買取不動産会社も「買い取り件数の目標件数」があるのです。

思うように買取ができない月の月末にどのような状態になるか?
もうお分かりですね。

件数を稼ぐために利益を薄くしてでも、不動産の仕入れをすることがあるのです。

これが、高価買取がありえる二つ目の理由です。

但し、注意してくださいね。
「高価買取」と言っても売れる値段は、一般の相場よりは安い値段になります。
買い取った不動産を売却するのは、一般の相場ですから当然です。

買取は一般の売却に比べて、圧倒的にスピードが速いため、とにかく時間がない。という方に向いている任意売却方法です。

と言っても、前述したような高価買取をする会社をあなたが自分で探すことは、砂漠でコンタクトレンズを探すのと同じくらい大変だと思います。

住宅ローン緊急相談室は、現在でも買い取り不動産会社の募集をしています。
現在弊社からオファーを出せる買取不動産会社は千社を超え、実際に取引もしています。

ご相談された方には、本当に買取方式が良いのか?ということからもう一度検討し、任意売却の注意点や気をつけるべきポイント、競売との違いについて、わかりやすくアドバイスとサポートを行なっておりますので、遠慮なくご相談ください。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。