住宅ローンの返済が遅れたことがあると借換えが出来ない理由

住宅ローンの金利が下がったら、返済も安くなるのに。。。

そんな事を思ったことはありませんか?
こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「住宅ローンの返済が遅れると借換えが出来ない理由」
というタイトルのブログです。

カテゴリーは任意売却よくある質問
任意売却コンサル杉山善昭のコラムになります。

「住宅ローンの返済と借換え」のことについて分かりやすくお話をさせて
いただきますので、宜しくお願いいたします。

マイホームを購入した時に借りた、住宅ローン。
あの時は金利が高かったのに、今の金利はとても安い。
もし、借換えができるなら、きっと生活も楽になるに違いない。

確かに、金利が安くなれば返済額も減りますから、生活は楽になりますよね。
出来ることなら、借り替えたい。と思うのは極自然の事です。

しかし、住宅ローンの返済が遅れたことがあると、

借換えが不可能になります。
先日ご相談いただいた方も、一番は「安い金利の銀行に借換えしたい」と
いうものでした。

しかし、ご相談を進めていく内に、借換えが無理なことが判明しました。
何故、銀行に相談もしないで借換えが不可能だと分かったのか?

「返済が遅れたことがある」とヒアリングできたからです。

相談タイム一般的にはなじみの無い話かもしれませんが、
例えば、うさぎ銀行はたぬき銀行で借りている人の
返済状態を調べることができるのです。

もちろん無条件に調べることができる訳ではありません。
融資の申し込みをした本人が「調べてもいいです」と言えばです。

言わないと、、、住宅ローンの審査できません。

実はあなたが、何処の銀行からいくら借りていて、返済がどのように
されているか?という情報は、信用情報会社に全て登録されています。

主な信用情報登録会社は
全国銀行協会
CIC
JICC
の三つです。

それぞれ、情報を共有していると言われていますが、漏れもあるようです。

融資の申込みを受けた銀行は、この情報機関全てに照会し
あなたの、借入情報を得て融資をするかどうかの判断材料にします。

この信用情報に、今現在返済が遅れたことはもちろん、
過去に返済が遅れたことも記載されています。

融資の可否を審査する銀行は、過去に返済の遅れがあると
融資をしません。

数日遅れた程度でも記録は残りますが、この場合は2年程度過ぎると
情報が消えます。

ご自身の登録情報がどうなっているか、気になりますよね。
ご本人の申請により、情報を見ることが出来ます。

直接出向いて情報開示する方法の他、郵送でも可能です。

心配な方は、この機会に調べてみてはいかがでしょうか?