連帯保証人に内緒で任意売却ができるか?

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「保証人と任意売却」のことについて分かりやすくお話をさせていただきます。

「任意売却するのはいいけど、連帯保証人には知られたくないんだ。」
実務上このようなご相談をよく受けます。

連帯保証人に知られずに、任意売却ができるかどうかについて先に結論を書きますね。
「特定条件の下にできます。」

特定条件がどのようなものか、書く前に連帯保証人について簡単におさらいをしましょう。

連帯保証人は、ローンを借りた本人が返済できなくなった時に本人に代わってお金を返す義務を負う人でしたね。

あなたの債務について責任をとらなければいけないので勝手に、負債を確定してしまうと連帯保証人に不利益になります。

しかし、連帯保証人に負債が残らないのならローンの借り手は自分の裁量で自由に不動産を売買することができます。

相談タイムつまり、特定条件の下とは連帯保証人に債務が残らない場合を言います。
これは三通りあります。


一つ目は、不動産売却をして債務全部が返済できる場合。
借金が残らない不動産売却なので、連帯保証人の承諾が不要になり結果、連帯保証人に知られずに不動産売却ができます。(負債全部が返済できる不動産売却を任意売却と呼んでよいか意見が分かれるところなので、今回は不動産売却という言葉を使いました)

二つ目は、不動産売却をした際に債務が残るが、連帯保証人には請求しない。と金融機関が承諾した場合です。
現実的にはめったにありませんが、残る債務が小額で且つ、返済の見込みが確実であれば金融機関は相談に乗る可能性があります。

三つ目は、債務そのものが過払いなど、債務そのものが無い場合
これは、レアケースですので説明は省略します。

以上見てきたように、不動産の売却後に債務が残らなければ連帯保証人の承諾が無くても不動産を売却することができ、債務が残るなら、承諾が必要になりますので「連帯保証人に知られずに売却」することは不可能となります。

『今回は不動産の権利(共有でない)がない連帯保証人について書きましたが、もし不動産が共有で連帯保証人になっている場合は不動産売却時には共有者の承諾が必要になりますので、知られずに売却することはできません。』

では、連帯保証人に何も告げず、そのままにしておいたほうが良いのでしょうか?

もし、債務をそのままにすれば、いずれ競売にかかり不動産は強制的に換金処分されてしまいます。

ちなみに、競売の場合は連帯保証人の承諾なくして手続きができます。

もし競売にかかれば、安価で落札される可能性もあり結果、連帯保証人が負う債務も増加してしまいます。

その為、例えあなたが債務を払えずに破綻したとしても、連帯保証人が負う債務は少しでも減らせるようにすることが最良の解決策ないでしょうか?

私達住宅ローン緊急相談室は連帯保証人が負う債務を少しでも減らすためにわかりやすくアドバイスとサポートを行なっておりますので、遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談