大手不動産会社に囲い込みを指摘したら

囲い込みをされるのが怖くて、大手不動産会社に聞いてみた。
「おたくに頼んで、囲い込みをされるのが怖い」と。

今日は、任意売却の専門家杉山善昭です。
今回は、売主が囲い込みを直接指摘してみた話をしますね。

話は少し遡り、不動産のオーナーが大手不動産会社に査定をした所です。
築30年近い中古の戸建を売約したいA氏。
ネットで大手不動産会社を見つけ、売却査定を依頼しました。
早速、担当者がやってきて、家の設備を隅々までチェックしていきました。

数日後、分厚い査定書を持参し、既に紹介できる顧客が三組いる。と言ったそうです。
査定金額は周りで販売中の物件よりも高かったそうです。

さて、ここで早くも問題があります。

一つは、家の隅々までチェックしていった点です。
これは「しっかりチェックした。」という演出です。

築30年近く経過している建物は、ほとんど査定がつきません。
解体工事代がかかりますから、マイナス査定になることが殆どです。

因みにこの家は、所有者が購入してから一度もリフォームしておらず、設備は古いままです。
従って、家の設備を隅々まで確認しても、何の意味もありません。

続いて分厚い査定書です。
厚めの書類でいかにもまともそう、という査定書を作成してきます。

誤解を恐れずに言えば、査定書など、入れる数字でいかようにも変えることができます。

厚ければ厚いほど、信憑性が高くなります。

三つ目。
既に顧客が三組いる。というガセです。

この物件の周りには、いくつかの物件が販売中でした。

販売中の物件よりも、高くて良くない物件を買う人がいるでしょうか?

百歩譲って、本当に探している顧客がいるとしましょう。
なぜ、その顧客は現在販売中の安くて良い物件を買わないのでしょうか。

分からないのは、査定を依頼した不動産のオーナーだけです。

現在売りに出ている物件では気に入らないから、そのお客様は購入しないのです。
売りに出ている物件よりも、あなたの物件は安くてよい物件でしょうか?
冷静に考えれば分かるはずです。

話は戻って、「おたくに頼んで、囲い込みをされるのが怖い」と指摘したA氏。

どうなったでしょうか?

「ウチの会社は囲い込み厳禁ですから、絶対しません」と言い放ったそうです。

後日確認したら、やはり囲い込みをしていましたが。。。

ページのURLを友達にメールする