共有(共同)所有の不動産はややこしい

荒地1こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。
不動産を共有(共同で持っている)ケースはよくある話ですよね。
今回は共同で所有している不動産についての問題点について解説したいと思います。

制約だらけの共有不動産

基本的に共同所有する共有不動産は、自分の思い通りになりません。
利用するのにも、相手の同意が必要です。

誤解されやすいですが、多数決では決めることができません。(軽微なものは単独又は過半の同意で可能です)

さて、住宅ローンを組んで購入した不動産を共同で所有している場合、共有者同士が連帯保証や連帯債務しているので、余計にややこしくなります。
また、固定資産税や管理費(マンションの場合)は連帯納付義務があり、自分の権利の分だけ支払えば良いのではなく、相手が払わない場合、相手の分まで支払わなくてはいけません。

夫婦で共同購入した不動産を離婚した後、どちらかが住み続けることもよくあるようですが、後々問題が発生する可能性が高いので、安易に離婚条件を決めないほうがよいでしょう。

例えば夫婦で共有している不動産を離婚後、売却せず所有し続ける場合、どちらかが再婚すると、再婚相手やその子供が相続人に含まれます。
もちろん、利害が対立しやすいですから、良い状態とは言えない事は想像に難しくありません。

では、離婚時にどちらかが、相手の権利を買い取って、ローンも一本化したら?
と思うかもしれません。

理屈上はアリなのです。

しかし、実現するためには、非常に高いハードルがあります。
銀行から融資の承認をとるためには、相当なレベルの年収、自己資金が必要になります。
一般的なサラリーマンでは難しいでしょう。

また、共有ではありませんが、連帯保証人付きの住宅ローンを組んでいる方が任意売却する場合、連帯保証人に一切迷惑をかけずに売却する事はできません。(売却金額で残債を完済できる場合を除く)

頭の痛い共同所有なので、問題を先送りにしてしまうケースも多いです。
先送りにした結果、困った事が発生し、私の事務所にお越しいただく方が増えています。

どんな困りごとが多いのか?

まず、離婚のケースで言えば本人がローンを払っていく気力がなくなりやすいことです。
特に、夫が退去し、妻や子供が残るケースで、住宅ローンの延滞事故が多く発生しています。

夫が残り、妻、子供が退去するケースは一見問題がないように思えますが、家族用に購入した家に一人で住み続けることは、精神衛生上もあまり望ましくありません。
筆者の経験上で恐縮ですが、広い家に一人で住んでいるとウツになることが多いように感じます。(心理カウンセラーとしての経験上の話です。医学的な根拠はありません)

夫が残った場合、再婚すればその家を普通に使えるようになるのでは?と思うかもしれませんが、新しくつきあった女性が元妻と同居していた家に住むというケースはほとんどありません。

女性の立場になれば分かると思いますが、元妻が使っていたキッチン、元妻が使っていた浴室。。。挙げればキリがありませんが、精神的に嫌悪感を抱くケースがほとんどです。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。
携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談