建物明渡しの強制執行

こんにちは、任意売却のエージェントをしています杉山善昭です。

今回のテーマは「建物明渡しの強制執行」です。

住宅ローンが払えずに競売にかかってしまうと、購入者から立退きの要求がなされます。

「引越先が見つからない」
「お金がない」
「ペットが飼える物件が見つからない」
などという理由があるかもしれません。

しかし、残念ならが一切聞き入れてもらえません。

落札者は「強制執行」という法的手段であなたに立退きを迫ります。
建物明渡し強制執行公示書

写真は私が実際に行った、立退き手続きのものです。(クリックで拡大します)
この案件は、競売ではなく、賃貸物件の家賃不払いによる強制執行のものですが、どちらも同じ「強制執行」です。

強制執行は、ある日突然、室内の動産を搬出、処分するのではなく、前もって告知をします。

裁判所から執行官がやってきて、室内に立ち入り、「公示書」を占有者に渡します。
居住者が不在の場合は、鍵を開け(勝手にできる権限を持っています)室内に立ち入り、入り口付近の壁に貼り付けます。

この公示書には、引渡しの期限が記載されており、強制執行の断行日も記載されています。

断行日までに自ら動産を搬出しないと、申立者が手配した業者が勝手に室内の動産を搬出します。

私がかかわったこのケースでも、断行日は大型トラックが横付けし、10人もの作業員が、次々に動産を搬出しました。

近所の住人は、「一体何が起こったの?」という表情で人だかりに。。。
非常に後味の悪い経験でした。

このケースではあまりご近所づきあいが無かったようですが、普通のご家庭ですと、今までお付き合いのあったご近所さんですから、その後のお付き合いが非常に難しくなりますよね。

競売が始まってしまっても、任意売却をすることは可能ですが、できるだけ競売開始前に任意売却の活動をすることをおすすめします。

なぜなら、競売は始まってしまうと、「一時停止」ができません。
しかし、競売開始前に任意売却の活動を始めると、ほとんどの場合、「競売が一時停止」になります。

任意売却をしても不動産が売れなければ、競売が再びスタートしてしまいますが、一定期間ストップさせることが出来るのです。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談