横須賀市追浜町の任意売却成功しました

横須賀市追浜町の任意売却が無事成功しました。
依頼者と最初にお会いしたのは、1年2か月前。

まだ滞納がない状態でしたが、会社の都合でお給料が大幅ダウンしてしまい生活に困窮。
どうやりくりしても、労働金庫から借り入れした住宅ローンの返済ができない状況でした。

直ぐにでも売却したい。というご希望でしたが査定をしてみると、大幅に債務が超過しており、売却代金だけでは残っている住宅ローンの返済は不可能でした。
かといって、不足分を補うお金もありません。

このような時に使えるのが、任意売却です。

労金さんの住宅ローンの場合、債権は一般社団法人日本労働者信用基金協会(略して日本労信協と呼ばれています)という法人に移管されます。
移管しないと任意売却ができませんから、労金さんと任意売却の交渉はできません。

ローンの延滞から期限の利益の喪失、代位弁済を待って任意売却を開始しました。

一般の銀行は延滞後6か月で代位弁済になるのですが、労金さんは労働者のための金融機関だからなのか代位弁済になったのが2か月前。
幸いすぐに買主が見つかり、最終手続きまで無事終わりました。

横須賀市の任意売却のご相談はこちらからできますのでお気軽に。