横須賀市追浜町の任意売却成功しました

横須賀市
こんにちは任意売却の専門家杉山善昭です。

今回も任意売却が成功しました。
数えきれない位の任意売却をしていますが、毎回緊張を抜くことなく業務をしています。

今回終わったのは、横須賀市追浜町の任意売却。
まずは無事成功したことを喜びたいと思います。

依頼者と最初にお会いしたのは、1年2か月前のことです。

まだ滞納がない状態でしたが、会社の都合でお給料が大幅ダウンしてしまい生活に困窮。
どうやりくりしても、労働金庫から借り入れした住宅ローンの返済ができない状況でした。

直ぐにでも売却したい。というご希望でしたが査定をしてみると、大幅に債務が超過しており、売却代金だけでは残っている住宅ローンの返済は不可能でした。
かといって、不足分を補うお金もありません。

このような時に使えるのが、任意売却です。

労金さんの住宅ローンの場合、返済が一定回数遅れると債権は一般社団法人日本労働者信用基金協会(略して日本労信協と呼ばれています)という法人に移管されます。

労金さんは労働者のための金融機関です。
そのため、他の民間金融機関に比べてリカバリーのチャンスを多く設けています。
通常、住宅ローンの返済が3~6カ月遅れると保証会社などに管理が移ってしまいますが、労金さんの場合は期間が長くなる傾向があります。

リカバリーできる時間的チャンスをくれているのだと感じます。
早く任意売却をしたいという方にとっては、望まぬ時間的猶予が負担に感じるかもしれませんが。

こういう時は、逆に引越しまでの猶予が増えて良かったと割り切った方がいいですね。
引越しをするのもお金がかかりますからね。

このケースも同じで、保証会社に管理が移管しないと任意売却ができません。
もちろん、労金さん担当者は任意売却の権限を持っていませんから任意売却の交渉もこの時点ではできません。
喜ぶ子供
結果的に、ローンの延滞から期限の利益の喪失、代位弁済を待って任意売却を開始しました。
時間的猶予があったことは、他にも良い影響を及ぼします。
というのも、このケース新築してから一度も固定資産税を払っておらず、67万円もの未納税金があったのです。

家を購入した後に発生した税金ですから、任意売却の代金からこの税金を払うことはできません。
売却代金から捻出できませんが、今回は未納税金を払わないと任意売却をすることもできません。

事態は深刻です。

労金さんの住宅ローンは債権が保証会社に移管するまでに時間がかかることが幸いしました。
時間があるからこそ、任意売却が進むまでの間、住宅ローンを払わない代わりに税金を払っていただきました。

もっとも、法律的には住宅ローンの支払いよりも税金の支払いの方が優先して払う義務が国民にはあるので自然のことだと言えばそれまでですが。

今回成功した一番の要因は「時間の余裕」でした。
このケースに限らず、1日も早く相談していただくことは任意売却の成功率を高めます。
1人で悩まずぜひご相談していただきたいと思います。

※写真はイメージです

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談