現況調査とは?

銀行からあなたのお住まいを強制的に売却するように裁判手続きが起こされると、裁判所からあなたの家に職員がやってきます。

どんな職員がやってくるでしょうか?借金の取り立をしに、怖い人が来るのでしょうか?
違います。裁判所の職員は執行官という人で、あなたの家の状況を聞きに来るのです。

これが「現況調査」です。
もちろん室内に入ってきます。

人に貸していないか?
建物に不具合がないか?
等々聞き取りしていきます。

居留守を使ったり、「予定が合いません」と言って部屋に入るのを妨害したら、時間が稼げる?と思う方もいらっしゃるようですが執行官は鍵を抉じ開けて、室内に入ってきます。通知が着たら素直に見せるほうが懸命です。

理不尽な!と思うかも知れませんが、民事執行法という法律で決まっているので、どうしようもありません。ここまで来ると、あなたに残された時間はもうあと僅かです。競売手続きは着々と進行してしまっている状況です。

執行官が部屋に入って来て、あちらこちらの写真を取っていく光景を見て、「もうだめだ」と諦めてしまう人が少なからずいますが、そんなことはありません。

実際、裁判所から送られる書類には、裁判所の競売手続によらないで、事件解決や不動産を任意に売却するために、債権者と交渉することは何ら差し支えありません。

って書いてありますからね。まだ十分間に合いますよ。

私達住宅ローン緊急相談室任意売却の注意点や気をつけるべきポイント、競売との違いについて、わかりやすくアドバイスとサポートを行なっておりますので、遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談