決め手は意外なことでした

相鉄線三ツ境駅
今日は日本で始めて鉄道が走った日だそうです。
1872年の今日。新橋横浜間です。
もう?まだ?140年前のことです。

私は横浜出身なので、なんとなくこのことを知っていましたが何が決め手で、新橋横浜間になったのかご存知ですか?

実は、この鉄道、全国へ普及させるためのモデルだったそうです。
家で言えば住宅展示場のようなものですね(笑)

どうせモデルを作るなら、首都と港がる横浜を結ぼう。
ということだそうです。

何でも決め手があるものですね。

さて、任意売却のご相談にこられた方、皆さんに聞いていることがあります。

「弊社に相談してみようと思った決め手は何でしょう?」

任意売却を扱う不動産会社は、弊社の他にもいくつもあります。

その中で弊社に相談してみようと思った決め手を伺うのです。

自分のことは意外と気がつかないものですから(笑)
お話を聞かせていただくと、逆に勉強になります。

さて、先日のお話をしますね
横浜市のとある住宅地。
相鉄線の三ツ境駅。
横浜市内にしては珍しく、駅からほとんど平坦な道を歩くこと15分、車の音も気にならない静かな住宅地にあるお宅です。

いつものようにご相談が終わり、最後に相談した決め手を聞いてみました。

一瞬言葉を飲んだ相談者は、静かにこうおっしゃいました。

「杉山さんが一番、本当のことを教えてくれそうだと思ったから」

インターネットなどを見ても、いろいろな情報が錯綜としていてどれが本当のことなのか?見分けがつかなかったと相談者は感じていたそうです。

そんな中、弊社の案内資料をご覧になって、書かれている内容と自分が知っている知識金融機関等から要求されている内容などがぴったり繋がったそうです。

腑に落ちたというのでしょうか。
確かに私のポリシーとして「正しい知識を得て、正しい判断」があります。

間違った知識や法を曲げるような行為を知って判断しても、役に立たないどころか下手をすれば脱法行為で犯罪者にもなりかねません。

そんなことになっては奥様やお子様がどれだけ悲しむか知れません。
私は自分が持っている情報は、全て公開し相談者のこれからについて、一緒に考えたいと考えています。

そういう意味では、この「杉山さんが一番、本当のことを教えてくれそうだと思ったから」という言葉は非常に嬉しいものでした。
私はいい事ばかり話すことはありません。
想定されるリスクも言いますし、厳しいことを言うときもあります。
専門家ですから。

これからの沢山の方に喜ばれる相談をしていきたいです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談