‘横須賀市の任意売却’ 一覧

横須賀市追浜町の任意売却成功しました

2015-12-01
横須賀市追浜町の任意売却が無事成功しました。
依頼者と最初にお会いしたのは、1年2か月前。

まだ滞納がない状態でしたが、会社の都合でお給料が大幅ダウンしてしまい生活に困窮。
どうやりくりしても、労働金庫から借り入れした住宅ローンの返済ができない状況でした。

直ぐにでも売却したい。というご希望でしたが査定をしてみると、大幅に債務が超過しており、売却代金だけでは残っている住宅ローンの返済は不可能でした。
かといって、不足分を補うお金もありません。

このような時に使えるのが、任意売却です。

労金さんの住宅ローンの場合、債権は一般社団法人日本労働者信用基金協会(略して日本労信協と呼ばれています)という法人に移管されます。
移管しないと任意売却ができませんから、労金さんと任意売却の交渉はできません。

ローンの延滞から期限の利益の喪失、代位弁済を待って任意売却を開始しました。

一般の銀行は延滞後6か月で代位弁済になるのですが、労金さんは労働者のための金融機関だからなのか代位弁済になったのが2か月前。
幸いすぐに買主が見つかり、最終手続きまで無事終わりました。

横須賀市の任意売却のご相談はこちらからできますのでお気軽に。

横須賀市追浜の任意売却相談

2014-10-11
横須賀市は追浜で任意売却の打合せでした。
追浜と言えば、日産の追浜工場が有名で、テストコースで未発表の新車を走らせるニュースに若い時は、何とか見ることができないか、無い頭を絞って考えた思い出があります。
今回初めて知りましたが、追浜はベイスターズの二軍の本拠地でもあるそうですね。

今回のご相談はその京浜急行線の追浜駅から徒歩圏の不動産。
まだ滞納1ヶ月ということで、初期段階のご相談でした。

このくらいでご相談いただくと、非常に時間的猶予があって計画も立てやすいです。

負債は、住宅ローンと車のローンというシンプルなもの。
マイホームを購入した後、会社のリストラにあい、転職先が見つかったものの、給料が大幅ダウンしてしまい、住宅ローンの支払いに支障が出た。という状態。

不動産を売却する上で問題となるのが、売却可能額よりも残債が多く、いわゆるオーバーローン状態ということと、転職による収入ダウンで蓄えが殆どない。という点でした。

幸いな事に債権者が、せっかちな債権者ではなく、他の債権者に比較して対応が遅い、某金融機関(実名は伏せます)なので、時間を稼ぐ事ができる見込み。

既に、住宅ローンの支払いがなされていないので、その分全額ではありませんが、引越し代に充てるためにプールしていただく事にしました。

オーバーローン状態の件については、 (さらに…)