このページでは任意売却時に必要な費用について詳しく説明をしております。
その前に、なぜ任意売却なら、住宅ローンが残っていても売れるのか?について少し解説しますね。

本来、不動産を売却する際には、残っている住宅ローン全額の返済が必要です。
売却代金だけでは返済できない場合、その不足分をどこかから持ってきて補填する必要があります。

しかし、任意売却の場合は例外的にその不足分を埋めわせしなくても不動産の売却ができるのです。
こちらのページで解説をしていますので、ご覧ください。
任意売却とは借金全額払わずに家を売る手段

なぜ、任意売却なら諸経費の手持ちがなくても売却できるのか?

任意売却に関して費用はお手持ち金からご負担していただく必要はございません。
なぜ、手持ちの資金が不要なのでしょうか?

下記の図をご覧下さい

正確に言うと、任意売却にかかわる費用は無料ではありません。
しかし、あなたのお手元から費用を捻出していただくことはないのです。

なぜ、費用はかかるのに、手元から費用を出さなくてもよいか?

順番に説明しましょう。

一般の売却の場合、売却時に借入金全額を返済しなければならないため、売却した金額よりも、ローンの残高が高い場合、手持ち資金が必要となります。
一方任意売却は、売却代金から全ての経費を控除し、場合によっては引越し代も控除した残りを銀行に返済することになります。
一般の場合は、借入金全額を返すことが基本となる組み立てですが、任意売却の場合は、売れる価格から全ての経費を引いていき、残ったお金が返済になるという点が最も違う点です。

任意売却は売却経費が払えなくてもOK

簡単に言うと、借入額を全額返済しなくても売却できる方法が任意売却と言うことになります。

この方法により、経費も売却代金の中から捻出できるということになります。

続いて費用の支払い時期についてです。
いくら売却代金の中から経費が払えるといっても、売却代金を受領する前に売却経費の支払いが発生すると、どこかからお金を工面して一時的に支払わなければなりません。

当事務所では、経済的の困窮している依頼者の状況を最優先し売却経費のお支払いについても、完全後払い制をとっています。
その為、売却経費のお支払いは売買代金の受領時となり、途中でお金の工面は不要です。