競売と任意売却の違い


「競売と任意売却の違いが良くわからない。」という方の為に、競売と任意売却の違いを一覧表にしました。
かなり違う点がありますので、ひとつづつご覧下さい。

競 売 任意売却
手続きの種類 法的手続 自主的手続
裁判所での公告 される されない
裁判所の立入調査 あり(強制) なし
裁判所への出頭 通知あり 不要
気分 苦しい、後ろめたい 楽、すっきり
イメージ 家を奪い取られる 自らの意思で売却
銀行からの印象 悪い 競売よりも数段良い
プライバシーの配慮 一切なし あり
買主、銀行との交渉 全て自分 任意売却の専門家
未払いの税金 残る可能性大 払える可能性大
未払いの管理費 残る 残らない
問題解決迄の時間 長い 短い
売れる価格の目安 相場の56%が基準 相場の90%程度
返せる借金 少ない 多い
引越し代 自己負担 交渉で捻出
退去日 強制:相手が決める 任意:相談して決める
住み続けられる可能性 ほぼゼロ あり
売却後の自己破産 可能 可能
手続きの手間 なし あり

いかがでしょうか?
ご覧のように、競売と任意売却ではかなりの違いが生じます。

任意売却のコンサルタントである私、杉山としては「心の置き場所が全く違う」と感じます。

実際に任意売却された方からは
任意売却したら、おいしいコーヒーが楽しめるようになりました
任意売却したら、肌が綺麗になりました
任意売却したら、三年ぶりに旅行にいけました
という喜びの声が寄せられています。

家を失うことは、確かにあまり望ましいことではないかもしれません。
しかし、家があることによって家族が苦しみ不幸になるのなら、そんな家はいらないのではないか?とさえ感じてしまいます。

家族の幸せが一番。
家族の健康も同じ位、大切です。
不動産という資産があることは三番以下です。

競売は法的手続きで、無理やりマイホームを失う手続きですが、任意売却は、自らの負の連鎖を断ち切り、幸せな生活へ自らスタートをきるための前向きな第一歩です。