税金の滞納が多くて、完納の見込みがない場合の対処法


「頑張って少しずつ払っているけれど、溜まっている税金、全然減らないなぁ」
と感じていませんか?

こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
私も若い頃、納税が遅れて延滞税がついたことがありますので、払っても払っても税金が減らない辛さ。よく分かります。

実際、私のクライアントさんで、「何通も届く納税通知書を見るうちに労働意欲がなくなり、うつ病になってしまった。」という方もいらっしゃいました。

税金を払っても減らない原因とは?

税金が払えなくて完納の見込みがない。という方の最大の原因は
延滞税という納税が遅れたことによるペナルティーです。

遅れた税金に対して年利9.8~14.6%(発生年度で異なります)というとても高い割合の延滞税がかかるのです。
現在の住宅ローンの金利が1%程度ということを考えると10倍以上で頑張って少しずつ払っても一向に減らない。という最大の原因がこの延滞税です。

以前に延滞税が増えていく様子の記事を書いたことがあるので、それを使って更に説明しますね。

—記事抜粋—
固定資産税や健康保険、住民税などの年間の負担額は85万円だとして
丸二年滞納してから毎月4万円(その年にかかる本税を含めて)ずつ払った場合。
3年目から5年目までの3年間、払った税金は毎月4万円×36回で144万円

5年目の年度末の未納本税と延滞金の合計は約287万円です。
次の月は85万円の納期が来るので、約372万円が残高ということになります。

がんばって、144万円払った結果残高は202万円増えてしまうのです。
毎月4万円づつ払っても完納できないことが分かると思います。
—抜粋ここまで—
動画のほうが良いという方の為に、延滞税金が溜まっていく様子を動画にしました。


このように、一旦遅れてしまった税金を返済することは非常に困難になってしまうので「税金の滞納が多くて、完納が見込めない状態」は決して珍しいことではありません。

延滞税、昔は負けてくれたのですが・・・

実は以前、延滞税を負けてくれる事がよくあったので、納税が遅れてもリカバリーしやすかったのです。
「昔、延滞税を負けてもらった」という方。結構いらっしゃると思います。

しかし、時代は変わり、行政の対応は大変厳しくなり、現在では税金の延滞税を負けてもらう期待はほぼできません。

【行政が延滞税を免除しない理由】
・担当者の裁量で延滞税の徴収に差が出るのは不公平
・債務者等の交渉能力で延滞税の徴収に差が出るのは不公平
・納税者に隠れた資産があるかもしれない
・延滞税を免除する理由がない

このような理由から「延滞税は免除しない」という方針に変わってしまいました。

その為、例えば「生活保護を受けざるを得ない状態」といった特殊な状況でない限り延滞税の免除を受けることは期待できないのです。

自己破産したら、税金はどうなる?

30秒程度でご覧いただける動画がありますので、ご覧ください。


住宅ローンが遅れて競売になり、借金が残ってしまった場合、自己破産という手続きで借金をゼロにすることができますが、例え自己破産をしても延滞している税金はそのままです。

競売の場合はどうなるでしょうか?
基本的に住宅ローンの返済が優先されます。
多くの場合、未納となっている税金の支払いまで、売却代金が回りません。
競売になっても「税金」という負の財産が残ってしまうのです。

任意売却すれば未納税金問題が解決できるか?

非常にやっかいな「税金」ですが、任意売却の場合は溜まっている税金を払うことができる可能性があります。
税金の滞納が多くて、完納の見込みがない場合、一日でも早く不動産を任意売却するのが最も有効な対処法です。

株の世界に「見切り千両」という言葉があります。
文字通り、見切ることは千両に値する。という格言で税金の延滞においても、一日も早く見切って、一円でも延滞税を安くすることが必要です。

この場合、溜まっている税金さえなくなれば家計のやりくりができるという方は家を手放しても引っ越さずに済む、売却後賃貸という任意売却方法。
住宅ローンの支払いが厳しくて税金の遅れが出てしまっている場合は未納税金を減らすことが可能になる、単純売却という任意売却方法があります。
この他にも任意売却の種類はあり、私たちは、税金の滞納でお困りの方に、最適な解決方法をアドバイスしています。

専門家に相談で楽して安心!

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談