税金を払っているのに給料差押え!?

「す、杉山さん!給料差し押さえられました!」
電話の主は、任意売却の依頼者。

話は遡って、二ヶ月半前。
住宅ローンの支払いの見通しが立たず相談にお見えになったA様。
住宅ローンの遅れは少々、税金の延滞はかなりあり、いつ不動産や給料の差押が来てもおかしくない状況でした。
ご相談した結果、収入の増加も支出の減少も期待できない事が分かり、任意売却することになりました。
と言っても、まだ銀行から一括返済の要求が来ていない為、残債を上回る金額でないと売却することができない状態。

任意売却するまでに時間があることを利用して、住宅ローンの返済分相当額を、未納税金に充てる方針としました。
こうすることで給料の差押は回避できると考えられました。

ところが、A様からの電話は「す、杉山さん!給料差し押さえられました!」です。
私が驚きました。

おかしいな、住宅ローンの返済相当分を税金にまわしていれば、給料の差押えまでは行かないはず。
税金を払っているのに給料差押え!?
私は、違和感を覚えました。

そこでまず先に質問してみました。

私「Aさんあれから二ヶ月半程度立ちますが、その間に税金はいくら納めましたか?」

A様「いや、貯まってからまとめて払おうとしたので、まだ1円も納付していません」

私「。。。」

住宅ローンの返済をストップして、未納の税金を払う。という方針を決めたのですが、ストップした分をお手元に置いていたそうです。
給料を差押えられてしまったのも無理はありません。

未納税金完納不動産にしろ、給料にしろ、税金未納による差押えに至るためには、プロセスがあります。


1.税金が溜まってきて、役所から督促がくる。
2.督促が着ても納付されないと、呼び出しがかかりる。
3.役所に行くと、納付の予定を聞かれ一括で支払うよう要求される。
4.一括では支払えないので分割で支払をするように約束する。
5.数回は約束通り支払う。
6.納付書が無くなってしまったり、生活が苦しくなり約束を守れなくなる。

さてここから先が問題です。

「元の期限通り納付できない後ろめたさ」と「分割納付ならできる。と言った約束が守れない後ろめたさ」があるので、納付できないまま連絡もできず、ずるずると時間だけが過ぎてしまう。のです。

役所にしてみれば、納付もない。連絡もない。どうなっているのか分からない。というナイナイ尽くしで、やむなく財産の差押え。となるのです。

つまり、例え約束どおり納付できなくても、恐れずに役所に連絡又は足を運び、「なぜ納付できないのか?」「いつなら納付できるのか」を担当者に分かりやすく説明し、今後の見通しはどうなのか?を伝えることが必要です。

役所の性格的なものですが、「どういう状況か把握している人」よりも「どういった状況になっているのか分からない人」の方を優先して回収作業、つまり財産の差押をしていくのです。

更に、分割納付した納付書には数万円の金額が記載されていると思います。
数万円を納付する余裕は無くても、5000円いや1000円なら納付できますよね。
役所に出向けば1000円でも納付することができます。

大切なことは、納付の意思を見せること。と完納するまでの見通しをつけること。です。
両方できることが理想ですが、最低前者だけでも実行することが大切です。

話は今回の事例に戻りますが、このように給料を差押えられてしまうと、生活が一気に破綻してしまいます。
今から慌てて、お手元に置いておいた納付予定の現金を納付しても、来月以降の給料差押えは解除できません。
役所の人間は「どういった状況になっているのか分からない人」と判断しているからです。

本来、任意売却まで時間の余裕がありました。

しかし、給料の差押えから一刻も早く逃れるには、任意売却開始までの時間を早め、早急に任意売却及び税金の完納をする必要があります。

今回は、税金を納めなかったので、本来ある時間が無くなってしまった。というお話でした。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談