任意売却とは借金全額払わずに家を売る手段

そもそも任意売却とは一体何のことを言うのでしょうか?

今回は基本中の基本の話をしたいと思います。
根本的な事なのでこれを知らずにこの先の話を聞いても理解がしにくいのではないかと思います。

任意売却とは略して任売(にんばい)とも呼ばれます。
任意売買と呼ばれることもありますが、任意売却が正しい言い方です。
その名の通り「任意で売る」と言う意味です。
直訳すれば市場に出ている物件の全ては任意で売却している物件であり、任売と呼べなくもないかもしれません。

しかし一般的に任売と呼ぶものは、返済が停止している状態の不動産を売却することを指します。
返済が停止している不動産の中でも、債務超過しているものと、していないものがあります。
債務超過とは、簡単の言うと、家が売れる金額よりも住宅ローンの残額が多い状態です。

本来、不動産を売却する場合、残っている借り入れ全額の返済を売却と同時にしなければならず
売却代金が残債(残っている借り入れ額)を下回るときには、不足分を手持ちから出さないと売ることができません。
(図参照)

動画でも解説しています

不動産には抵当権という権利(借金のカタになっているという権利)がついているため勝手に売却することが困難です。
不足分をポンと出すことはなかなか難しいですよね。
そこで、売却代金から経費を控除し残った金銭だけを一旦返済し、抵当権を解除して売却するという方法があります。
これが任意売却です。

では債務超過していない場合は、任意売却と呼ばないのでは?と思うかもしれません。
しかし、任意売却のそもそもの語源は、競売に寄らず任意で売却すること。なので本質的には「債務の支払いができなくなった不動産を売却すること」です。
従って債務超過をしていなくても任意売却と呼びます。

任意売却なら借金全額を払わなくても不動産を売却することが可能です。

もちろん、本来返済しなければならない金額を一部分しか払わずに売却をするので、債権者(銀行など)の同意が必要であることは言うまでもありません。

よく誤解されますが、全額返済できるにもかかわらず全額返済しない。というのは認められません。
例えば、売却価格が3,000万で残債が2,000万の場合、本来約1,000万が手元に残る計算になります。
しかし、離婚の財産分与などで妻に1,500万渡したいから、残債2,000万の内1,500万円しか返済しない。というのは無理だということです。

返せないのなら仕方がない。ということです。
売却価格が3,000万円で残債が4,000万円あるので、返せない1,000万円は売却時に返済しなくても良いというのが任意売却です。

では、返済できない場合の交渉は誰がするのか?
この交渉は私たち専門家があなたに代わって行いますので、ご安心ください。

家を売却した後に残った借金はどうしたらいい?という疑問が湧きますよね。
すぐに思いつくのが自己破産かもしれませんが、それだけではありません。

任意売却した後に残った借金は、自己破産で処理する方法、示談する方法、時効を待つ方法の三つがあります。
どの方法が良いかは、置かれている状況で変わってきます。
当事務所では、経験豊富な私たち専門家があなたにピッタリの解決方法をアドバイスしますので、お気軽にご相談くださいね。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談