残業代が減って住宅ローンが払えない。

この記事を読むのに必要な時間は約 2分3秒です。

「残業があるので大体〇〇万円程度のお給料になりますよ。」
という説明を聞いたから会社に入社したのに、いつの間にか
経費削減、残業カット、ボーナスカット。

下手をすれば、仕事は減らないのに残業は付けられないので
タイムカードを押した後、サービス残業を強いられている方もいらっしゃいますね。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

残業のありなしで、お給料は大きく変わります。
それもそのはず、残業代は通常の賃金の1.25倍。
深夜なら1.5倍もの給料がつくのです。

直ぐに10万円程度変わってきてしまいます。
その残業代が一切なくなったとしたら・・・

HL058_L家計にとって大きなダメージになるのは当たり前です。

下手をすると住宅ローンの返済分位の残業代。
会社の都合で、減らされては困りますよね。

しかし、残念ながらいくらそう言っても、
会社が倒産してしまえば、元も子もありません。

統計によりますと、1997年以降給料は右肩下がりで
残業代の現象は大きな原因と言われています。

では、残業代が減って住宅ローンが払えない場合、どうすれば良いのでしょうか?
家計の残業代依存度をチェックすると良いでしょう。

残業なしでの給料水準で、家計のやりくりができるのか?
出来ないのなら、いくら不足しているのか?

計算をしてみましょう。

不足しない方はおそらくこのサイトをご覧になっていないと
思いますので、不足している方用に話を進めていきます。

不足額がいくらなのか?そしてその不足額はリカバリーできるのか?
検討してみて欲しいのです。

リカバリーの方法は
〇妻がパートなど働きに出て収入を得る
〇収入が回復するまで、貯金を取り崩す
〇支出が減るまで、貯金を取り崩す
〇親から生前贈与を受ける
〇一定期間金利だけの返済にする

などがあります。
収入が回復する。というのは会社の景気が良くなって
残業やボーナスが増えることを指し、
支出が減るとは、子供の学費が卒業などで減ることを
指します。

一定期間金利だけの返済にするというのは、いわゆるリスケといい
返済条件の変更を言います。

いずれかに該当しない場合、残念ながら破綻への道を
進んでいることになります。

間違っても、クレジットカードなどのやりくりをしないで
いただきたいと思います。

さて、なかなか自分だけでは冷静な視点で見ることが
できない。他の人はどうしているのだろうか?
という方は、私達、専門家にご相談していただきたいと
思います。

私達住宅ローン緊急相談室は家計の破綻度診断や今後の改善方法のアドバイスなどを
することができます。
難しい事柄をわかりやすく説明し、サポートを行なっておりますので、
遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談