住宅ローンが払えない場合の相談室【動画あり】

この記事を読むのに必要な時間は約 3分13秒です。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

住宅ローンが払えない場合の対処」のことについて書き進めていきます。

住宅ローンが払えなくても慌てない

引落日に通帳にお金がないと、えらいことになる!と焦って、キャッシングに行ってしまったという、お話をよく聞きます。
ご主人に言えなくて、奥様が単独で借り入れすることもありますし、逆にご主人がお金の管理をしていて同様の事もあります。

どちらのケースも、「配偶者に言えない。」という心理的不安から半ばパニックになり、その場限りの対策をしてしまうのです。

住宅ローンの支払いができない場合に、焦って目先の事を考えて動いても何も解決しませんし、むしろ傷口を悪化させる事になりかねませんので、避けるべきです。

ローンが払えない原因を探る方法

そもそも、なぜ払えるはずのローンが払えなくなったのか?
必ず、要因があるはずです。

端的に言えば、この要因が取り除かれなければ、その場しのぎの何かをしても、時間の先延ばしでしかなく意味がありません。

今、わざと要因と書きましたが、原因は違う所にあります。
原因についてはまた後程触れますが、ここではその要因が何なのか?そしてそれはいつまで続くのか?という問題が重要です。

例えば一時的な出費でお金が足りなくなったのなら、その要因は続きませんが、継続的要因なら危険度は一気に上昇します。
表現が適切でないかもしれませんが、家計が赤字の原因が継続的要素なら、家計は一気に崩壊へ進んでいる事になります。

「住宅ローンの返済が滞っているので、金利の安い銀行で借り換えしたい。」
たまにこんな相談があります。

ではどうすれば良いのか?というと、そもそも何が原因で今の事態に陥っているのか?ということを考える必要があります。
これは、自分ひとりで考えるよりも、家族全員で(最低でもご夫婦で)検証する必要があります。

ローンが遅れていると借り替え不可

残念ながら、当事務所は住宅ローンの斡旋をする会社ではないので借り替えのご要望には対応できません。
しかし、結果は分かっているので解説しておきます。

既存の住宅ローンを借り換えするためには、借り換え先の銀行の審査があります。
そして、この審査に必要な書類の中には「既存の住宅ローンの返済履歴が分かる書類」が必要です。
つまり、引き落としされた通帳が必要になります。

何故かというと、おおむね一年以内の返済に滞りがなかったか調べるためです。
例え現在返済が遅れていなかったとしても、過去に遅れた履歴(数日でも)があると借り換えローンはアウトになります。

その為、住宅ローンが滞っている状態では借り換えすることは、不可能となってしまいます。

根本的な原因は?

一番、厳しい話をします。

住宅ローンの返済ができなくなる原因は、先に書いた要因ではありません。
「十分な貯蓄ができる生活をしてこなかった」ことが原因です。

ご気分を害されるかもしれませんが、住宅ローンの破たんは、これに尽きるといっていいと私は考えます。
入りと出が同じなのは、自転車操業と変わりません。

毎月の生活で十分な貯金ができないということは、「浪費生活」を続けてきた何よりの証拠なのです。

家計を正常化するために

住宅ローン緊急相談室では、毎日毎日住宅ローンや税金のお支払いが困難になってしまった方のご相談に乗っています。

ご相談の流れを大まかにお話すると、

1.これまでの経緯を簡単におうかがい
2.現在の収入と支出を簡単におうかがい
3.住宅ローン以外の借入がある場合は家を手放さなくても済む方法の検討
4.住宅ローン以外の借入が少ない場合は6種類の任意売却の内、最適な方法を検討
5.売却後もローンが残る場合の借金処理の方法を検討
6.手続きが完了するまでの家計のやりくりを検討
7.引越しする場合は、引越し先の検討
8.手続きに必要な専門家等のご紹介

ざっとですが、このような流れでご相談が進んでいきます。
弁護士さんに相談すると「こうしなければダメ」と強く言われることも多いと思いますが、住宅ローン緊急相談室では「こうしなければダメ」というものはありません。

「住宅ローンが払えない状態」になるとどうして良いのか分からず焦りますよね。
インターネットには断片的な情報がたくさん載っていますが、
「じゃあ自分の場合はどうすれば?」ということは分からないのではないでしょうか?

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談