家のローンが払えなくなったら

一戸建て家のローンが払えなくなったら、まず何をしたらよいでしょうか?

1.銀行に連絡して待ってもらう
2.キャッシングして払う
3.知り合いに借りる

こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。
今回は、住宅ローンが払えなくなったら。というテーマでお話をしますね。

もちろん、このような時のために、貯金をしておく訳ですが、この記事は蓄えもなくなった。という前提で書いていきますね。

さて、毎月の返済困難になった場合、どれが適切でしょうか?

1.銀行に連絡して待ってもらう
2.キャッシングして払う
3.知り合いに借りる

誰もが選びそうな選択肢が実は、、、

意地悪な質問だったかもしれませんが、実は全部不正解です。

なぜ意地悪な事を書いたかと言いますと、1.2.3は「よくある間違い」だからなのです。
1.2.3のどれを選んでも、その場しのぎにしかならず、おそらく来月も同じ苦しみを味わうことになるでしょう。

では、住宅ローンの返済が厳しくなってきたら、何をするのが一番良いのでしょうか?

生活が苦しくなったら真っ先にやるべき事とは?

答えは、家計診断です。

そもそも、なぜ住宅ローンの支払いが厳しくなってしまったのか?
・収入が減った
・学費の負担が増えた
・病気になった
・そもそも見込みが甘かった

必ず、原因が必ずあるはずです。

誤解しないでいただきたいのは、住宅ローンの支払いができなくなった原因を探すのであって、犯人探しをするのではない。
ということです。

誰かを責めてもお金は増えません。

原因は複数の要因があるかもしれません。

原因が分かったら次にするべき事とは?

次に行う事は、その原因が一時的なものなのか、恒久的なものなのか判断することです。

一時的な事由であれば、月々の返済分を一時的に金策すれば良いわけですから、短期的な借り入れと、その返済ができるかどうか考えれば良いことになります。

問題は恒久的な原因の場合です。

恒久的な要因で住宅ローンの返済が厳しい場合、その場しのぎをすればするほど、状況が悪化していきます。

漂流しているときに、海水を飲むのと一緒です。
借金が雪だるま式に膨れ上がります。

利息制限法では金利15%が上限(100万円以上の借入)です。
15%もの金利を払っていくことは不可能に近いです。

恒久的な原因がある事が分かった場合、どうしたら、家計が正常化するのかを考えます。
・加入している保険を解約する
・車を売って、バイクにする
・おこずかいを減らす
など、支出を減らす方法を検討します。

また、
・アルバイトをする
・転職する
など所得を増やすことができるのなら、これもありです。

家計を見直しても、正常化しないし、所得も増やせる見込みもない。
家計が正常化しない。ということは、残念ながら、今のあなたは「破綻へ向かっている」という事になります。

破綻が来るのが、三ヶ月後なのか一年後なのか、、、時期が違うだけです。

このままでは破綻!その際は

破綻する事が分かった場合、「出来るだけ傷口を小さくする方法」を考える事がベストです。

この中にはもちろん、家を手放す。事も含まれます。

家は、あなたの幸せのためにあるものです。
破綻の原因が家ならば、残念ですが、あなたが購入した家はあなたの幸せに役立たない。という事なのです。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談