夫が退去して、妻子供が住み続ける場合の注意点

こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
今回は「夫が退去して、妻子供が住み続ける場合の注意点」という
タイトルのブログで、任意売却コンサル杉山のブログというカテゴリーです。

「あの時は、そんなこと考えなかった」
このようなご相談をよく受けます。

・結婚しているときに購入した住まい。
名義は夫、住宅ローンも夫の名義。

・夫の浮気が原因で離婚したので、先々の住宅ローンは夫が負担。
慰謝料代わりに購入した家にタダで居住できることになっている。
夫は引越し、住宅には妻と子供が引続き住むことにした。

・あれから5年が過ぎた。先日突然銀行から返済の督促が来た!?
どうやら、夫の支払いが遅れているらしい。

・あわてて電話もしたが、元夫も生活がギリギリで住宅ローンの返済を続けて行くことが無理だという。

・このままでは、競売にかけられてしまう。
競売になってしまったら、引越しもしなければいけない。
もちろん、何の保証も・・・ない。

どうしよう。。。

事例により多少違いますが、おおむね以下のようなプロセスを踏んでご相談に至ります。

このような状況の中で一番してはいけないことがあります。
それは何でしょう?

住宅ローンの支払い額を夫(元)の口座に入金すること。

こういう目先の対処をしてしまう方がいらっしゃいますが、最もマズイ方法です。
絶対にやってはいけません。

1ヶ月や2ヶ月ならしのげるでしょうが、住宅ローンが終わるまで
このような対処ができるか?

残念ながら、その場しのぎにしかなりません。
元妻が、頑張って支払っても、不動産の名義は夫のままですしね。

さて、話を元に戻しますが、そもそも離婚するときには
財産分与の請求ができます。

しかし、離婚後2年を経過してしまうと、財産分与の請求が
出来ません。(相手が認めれば話は別ですが・・・)

つまり、財産を分けるなら2年以内に行動をおこす必要があるのです。

さて、ここからが不動産のプロである私の話となります。
「財産分与と言っても、家が売れる金額よりも借金のほうが多いよ。」
こんなケースが多いことは私も充分承知しています。

確かに財産分与するほどの資産とはなりえませんよね。

しかし、それでも

『夫の浮気が原因で離婚したので、先々のローンは夫が負担。
慰謝料代わりにタダで居住できることになっている。
夫が引越し、住宅には妻と子供が引続き住むことにした。』

こんなケースでは、不動産の名義を妻に変えることをオススメします。
もちろん住宅ローンは夫の名義のままです。

なぜ、名義を変更するほうがよいのか?

不動産の名義変更をしておけば、その不動産の処分権は
妻が持つことになるからです。

先のケースでは住宅ローン返済が不能になった場合
元夫の協力が得られないと売却することは不可能です。

しかし、不動産の名義を移しておけば
妻の判断で不動産を売却できる可能性が高くなるのです。

通常の売買よりも少し手間はかかりますが、適法な手法です。

注意することは、不動産の名義変更をする際に少し工夫する必要があるくらいです。
単純に名義だけ変更すれば、良いわけではありませんので注意が必要です。

私たち「住宅ローン緊急相談室」は、離婚時の不動産処理について、
わかりやすくアドバイスとサポートを行っています。
不動産の売却はしないけれど、離婚する際にどういった取り決めをしておけばよいのか知りたい。
という方は離婚時のコンサルも行っていますので、ご相談くださいね。
不動産の売却も視野に入れたご相談は下記フォームより、無料ですることができます。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする