広島県広島市からの任意売却相談

全国各地から任意売却のご相談をいただいております。
日本のあちこちから、お電話をいただくので、もちろんアレが違います。

違うアレとは。。。

そう言葉です。

方言が好きなので、普段お会いできない地域の方のイントネーションを聞けるのはうれしいです。

私が好きな地域は、、、
そんな話は置いておき本題に入りましょう。

さて、広島県からのご相談は、離婚後の任意売却相談でした。
○既に離婚している
○ご主人名義の家に妻と子供が居住している
○夫は転居
○現在3ヶ月遅れ
○妻は夫連帯保証人

という状況です。
経験上、良くあるケースですね。

よく誤解されやすい(今回はそんなことありませんでしたが)のですが、不動産の名義が夫だからといって、夫の一存で任意売却することはできません。

また、居住している妻や子供の一存でも任意売却ができないことはいうまでもありません。

夫婦(今は違いますが)二人の強力が必要です。

離婚する位ですから、決して関係は良くないと思われます。
中には、住宅ローンが遅れていることを詰る方もいらっしゃいます(今回は違いますが)
お気持ちは分からなくもありません。

もし私だったら、どうするか?と考えると簡単に感情の結論は出ません。

HL060_L毎回のようにこのコラムでも書いている通り、今回も相談者にとって、任意売却をするメリットはあるのか?という点について電話相談をしました。

任意売却後も負債が残り、それを自己破産することが確定しているのなら、少しでも高額で不動産を任意売却をする意味がありませんからね。

今回のご相談は、任意売却が実現できれば、残る負債がそれほど多額でないため、自己破産をしなくてもすむ可能性が十分ありました。

自己破産をしなくても良いのであれば、お金もかかりませんから再スタートがやりやすいというメリットも生まれます。

今回は、販売金額自体もそれほど高くないので、売却後賃貸。という可能性も取れるかも知れません。

いずれにしても、メリットがあるなら任意売却する意味がありますから、私はその可能性を診断して、依頼者に「今後取りえる、複数の方向性」を提案することになります。

依頼者は私が提案する複数の解決方法の中から、ご自身の考えに一番しっくりくる方法を選択することになります。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談