税金の分納していても差押えする理由

こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。
税金の未納が増加してくると、役所の催促もだんだんと強くなってきますよね。

所得税、健康保険、住民税は前年度の年収に比例して課税されているので、所得を得ていた時と、今では経済状態が変化していて、払いたくても払えない。という状態に陥ることは、ちっとも不思議ではありません。
固定資産税だけは、その年の分となります。
但し、これも新築で購入すると、数年間の減税期間がありますが、減税終了となると一気に増加し結果、家計を圧迫することは枚挙に暇がありません。

さて、そんな税金ですが、未納分が溜まってきて役所に呼び出されると、「いつまでに払えますか?」とサラッと言われます。

もちろん、役所の人間も「払えないことは、ほぼ分かっています。」

しかし、それでも聞くのです。

理由は、税金は一括払いが基本で「遅れた分を分割で払うことができる制度」そのものが
原則ないからです。
相続税などは、分納制度があったと思いますが、これとは違います。
また、固定資産税は4回に分けて払うことができますし、健康保険も分けて払っているかもしれませんが、こちらは分納とは呼びません。

私は役所の味方などするつもりは、毛頭ありませんが、役所の立場から言うと
「一括で徴収することが困難なので、やむを得ず分割で納付させている」のです。

では、分納の約束をすれば、もう大丈夫でしょうか?
実は違うので、注意が必要です。
今、税金を分割で払っている方は、この先をよくお読みください。

分割納付の約束をしているからといって、差押をしないとは限らない。ということを。

そんなバカな!とお感じになるかも知れません。
下の写真をご覧ください。
税金分納

この写真は、市役所の収納課が納税者に送付している手紙です。
文面に書いてあるように、「分納中でも財産が見つかれば、差し押さえますよ」というものです。
財産とは言うまでもありませんが、不動産に限らず、車や貴金属、預金、生命保険の解約金、お給料、退職金も含まれます。

特にダメージが大きいのは「お給料」ですよね。
正に生活の基盤となる収入源ですから、こちらが差し押さえられたら悲劇的な状態になります。
給料の差押は、一定金額ですが、給料が銀行に振り込まれた瞬間、それは預金になりますから全額差押の対象になります。

住宅ローン緊急相談室では、生活の正常化をするためにあなたのサポートをしております。
税金がどんどん溜まっていてお困りならご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。
携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談