アベノミクスでマイホーム喪失!?

この記事を読むのに必要な時間は約 1分26秒です。

こんにちは任意売却コンサルタントの
杉山 善昭です。

このブログは「アベノミクスでマイホーム喪失!?」という記事で
任意売却コンサル杉山のブログというカテゴリーです。

平成21年当時の金融大臣の亀井さんによって作られた
中小企業金融円滑化法、俗にいうモラトリアム法です。
ネーミングは中小企業の為の法律のようなイメージがあるかと
思いますが、実は住宅ローンの支払いが困難になった個人の
為の法律でもあります。

簡単にいうと借金猶予法案で、この法律のお陰で
今までマイホームを手放さなくても良い人が沢山います。

しかし、この法律。
ずっとある法律ではなく期限が決まった法律でした。
時限立法というのですが、本来は平成23年3月31日で
失効する予定でした。

ところが、景気が十分に回復していないと言うことになり
2年間延長されることになりました。
そう、今年の3月31日です。

アベノミクスと世の中は騒いでおりますが
実は、消費税アップの言い訳とモラトリアル法の
終了をするための政府の仕掛け。と言っても言いすぎではないでしょう。

さて、兎にも角にもモラトリアム法はその役割を終えたのです。
これからどうなるのか?

既に競売の申立て件数も前年同月比で1割の増加(東京23区)となり
早くも、貸しはがしの様子が伺える。

では、借り手の立場としてどうすれば良いのか?
一つは民事再生法の適用です。
住宅ローン以外の借金が多い場合、効果が高いです。

住宅ローンだけの場合は、やはり任意売却が一番良いと
思われ、実際に選ばれています。

一番重要なことは、少しでも早いうちに対策を検討することです。

ほとんどの人が気が付いていないことですが
「残された時間」は何物にも変えがたい貴重な資源なのです。

残っている時間があればあるほど、再スタートしやすいのは
私達の世界では常識です。

私達専門家にお任せ下さい。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談