執行官の現況調査に立会いました

こんにちは任意売却コンサルタントの杉山 善昭です。
このブログは「執行官の現況調査に立会いました」という記事で

依頼者のお宅に執行官が来るというので、私も立会いました。
なぜ私が立ち会うか?ということについては執行官が家に来たいと言ってきた時の対応という記事をご覧下さい。

※プライバシーに配慮して画像に加工をしています。

裁判所からやってくるのは、執行官と言われる人と
もう一人、不動産鑑定士です。

執行官は、現在の居住者や建物の不具合、ペットを飼育しているかどうか等、現在の利用状況などをヒアリングしていきます。

一方不動産鑑定士は、競売にかけるための評価、つまり、不動産の査定を出すために来ています。
使われている材質や室内の維持管理状況などを記録していきます。

この調査が終わって一ヶ月程度で、不動産鑑定士が出した評価が出てきます。

評価が出るまでは、債権者との話し合いで販売価格を決めますが評価が出た後は、裁判所の評価が基準になることも多いです。

現況調査は私にとって、慣れた光景で特別な事ではありませんが依頼者にとってみれば、初めての経験で心理的には非常に厳しいものがあると思います。

以前、話したことがある同業の任意売却業者は
「現況調査は立ち会う必要がないから、絶対立ち会わない。
どうしてもと頼まれれば、別途費用。」と言っていました。

確かに必須か必須でないかといえば、特に立ち会わなくても任意売却の手続を進める上で全く問題ありません。

しかし、依頼者の心理的な負担が少しでも軽くなるように、任意売却を進めていくのも私達専門家の大切な仕事だと思います。
他社はどうであれ、私達は今後も立会いをしていきたいと考えています。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。
携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談