任意売却する際、家の中にある荷物はどうすればいいですか?

任意売却をしたいけれど、家の中にたくさん不用品がある。
この荷物一体どうしたら良いのだろうか。。。

家を手放そうとするとこんな悩みも浮かぶのも自然かもしれません。
こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。
不用品そのままでOK?

実際のご相談事例

先日、任意売却のご依頼があった神奈川県厚木市の物件。
先日裁判所から競売開始決定なる通知が家に届き、数日後に裁判所の職員らしき人から、「家の中を見せてください」という連絡が入った。
実はその相談者さん、離婚したことをきっかけに引越をし数年が過ぎている。
あまり良い思い出がないので、ほとんど寄り付かないという。

荷物が置きっ放しになっているので、そのまま売却できるか?
というご心配をされていました。

兎にも角にも、見てみなければ分からないので「まずは見せて下さい」と申し上げ現地の状態を拝見することに。

部屋を開けてすぐに目に飛び込んだ光景。
「た、確かに・・・このままではちょっと」という状態でした。

たまにテレビで「○○屋敷」というようなテーマで特集が組まれている番組に出来るような。
床が見えない状態と言えば、そのレベルが伝わるでしょうか?

描写が得意でないので、お部屋の状態はこの辺にしておきます。

とてもじゃないけれどこのままでは売れません。

といって、片付ける費用もありません。
さてどうするか。

執行官の現況調査は、まだこれから。
仮に片づけることができとしても、調査の前に片付けるのは得策ではなのです。

お金を出してこの時点で片付けをしても、競売で売れた金額から片付け代を受けとることはできません。

競売の速やかな進行の為には、室内を片付けたほうが良いの確かです。
しかし、私のクライアントは裁判所ではなく所有者。

依頼者でる所有者にとってメリットのあるアドバイスをするのが私の仕事。


片付け代を書けても依頼者にとってメリットはありませんから、現況調査前に片づける必要はありません。とアドバイスをしました。

きれいに片付けると鑑定人の評価が上がって、任意売却しにくいですし、現況調査の資料はいずれ裁判所のホームページで公開されます。
そうなれば、債権者にも「あぁ売却するのが大変そうだな」と伝わります。

大変な状況が伝われば債権者も無茶な要求をしにくくなります。

この物件は現況調査後に、荷物をざっくり端に寄せ内覧だけはできる状態にすることに決定。

後は片付け費用やリフォーム代の見積もりを参考に取ればOK。
片付け代は債権者と引越代の交渉をするときに使うのです。

本来、家の内外の荷物は無いほうが売りやすいのです。
しかし、必ずしもきれいに片付けないと売れないということはありません。

ウチは汚いので「売れないんじゃない?」
と諦めかけている方でも、ご遠慮なくご相談くださいね。

家の中に不要な荷物がたくさんあります。そのまま売れますか?

実際のご相談を受けてる場面でこのようなご質問を受けることがあります。

結論から言うと、状況次第です。
住宅ローンの返済が滞り、任意売却をしている状態とします。

不動産を売却して、負債が全額払える場合

例えば、自宅の販売価格が6,000万円、住宅ローンの残債は5,000万だとしましょう。
不用品の処分代の見積もりを取ったら50万円だったとします。

この場合、不用品を買主が処分するという条件を付けて売るのならば、買主は最高でも5,950万円で購入すれば計算が合う事になります。
売主としては5,950万円で売却しても残債は5,000万円ですから、手元に残るお金が減るだけで大勢に影響はありません。

このような状態であれば、「不用品を残した状態」で売却することができるでしょう。

但し、買主としてはむしろ損です。
普通の不動産を購入すれば、不用品がない状態で引き渡されますから、6,000万円から50万円引いてもらうだけでは手間がかかる分だけ損することになります。
売主にとっては手間が省ける分だけ得することになります。

その為、不用品をそのままで売却する場合は、実費以上に価格を引き下げないとバランスが取れません。
従って、この場合であれば、売買価格を5,920万円にするというような協議をすることになります。

不用品をそのままにして売却すると、売主にとってみれば実費以上に損が出るという事になります。
もっとも手間は省けますが。

不動産を売却しても残債が払えない場合


先ほどの例は、売却すればお釣りがくるケースでした。

では次に売却しても残っている住宅ローンが全額払えない場合について解説をします。
例を挙げたほうが分かりやすいと思います。
自宅の販売価格が6,000万円、住宅ローンの残債は7,000万だとしましょう。
不用品の処分代の見積もりを取ったら50万円だったとします。

この場合、不用品をそのままにして売ろうとすると、売買価格は高くても5,950万円です。

この場合、一般的に売却する場合は、不足の1,050万円をどこからから資金調達してこないと売却することができません。
※本当は他にも売却経費がかかりますが、ここで諸経費の話は本題ではないので省略。

住宅ローンの返済が遅れていることにより、任意売却をする場合は、不足の1,050万円を用立てすることなく、売却をすることができますが、債権者は不用品を自分で片付けば6,000万円で売却できるのだから6,000万円返済せよと要求します。

不用品は自分で捨てるのが当然なので、50万円の費用を認めません。

これは立場が変われば分かると思います。
もし自分がお金を貸している立場で、お金を返さない人が、ゴミを捨てるのが面倒だから処分費用を出してほしい。と当たり前のように言ってきたら。。。

普通怒りますよね。

つまり、不用品をそのままにして売却ができるかどうかは?とどのつまり、負債を全部返済できるかどうか?がポイントになります。

売却しても負債が返せない。ご自身で不用品を捨てる努力もしていただきましたが、どうしても処分できないものがある。
そこで一つご相談なのですが、、、といって普通は認めない部分の債権者と交渉をするのが私の仕事でもあります。

※写真はイメージです。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談