住宅ローンの滞納が始まるとどうなるでしょうか?
引落し日に入金することが出来ず、「大変なことになってしまった」
「鬼のような催促が来るのでは?」・・・とドキドキしながら待っていると
このようなお知らせが届きます。

さっくりしている書類で、意外と拍子抜けするかもしれません。
「早急に振り込んでください」という銀行と「来月2か月分引き落とします」という銀行に大別されます。

1~2ヶ月を過ぎる頃にようやく住宅ローンの担当者から電話連絡があり、
「住宅ローンのお支払いいかがでしょう」などと、返済の可否について話を聞かれます。

まだこの時点での住宅ローン担当者の対応レベルは「対顧客」で優しいものです。
言葉遣いも丁寧でやさしく接してくれます。

住宅ローンの滞納が3~6ヶ月になると、銀行の態度は変わります。

「最終通告」、「期限の利益の喪失最終予告」などという手紙が届きます。

住宅ローン担当者の対応レベルは「顧客でなくなりそうな人」になります。
このあたりで、個人信用情報に載せますよという半ば脅しのような言葉や文章を送る金融機関もあります。
別の記事でも説明していますが、いわゆるブラックリストに載るのは、毎月の返済が遅れた時ですから、この時点で既に「本来返すべき返済ができていない」という意味で、ブラックリストに載っています。

ではなぜ銀行員が、「ブラックリストに載せる」とわざわざ言うのかというと、「貸し倒れ登録をする」という意味で言葉を使っているからです。

一口にブラックリストといっても、「本来返すべき返済ができていない」という「貸し倒れたが弁済」「貸し倒れたまま」という三種類に分けられます。
少々話が逸れましたが、もしあなたが「分割であれば払える」と言うなら、ここで交渉をしないと間に合いません。
かなり厳しい条件にはなる可能性が高いですが、分割払いに応じてくれる可能性があります。

「どうせ返せっこない。」
と言って放っておくと、今度は「期限の利益の喪失」という手紙が届き残っている借入れ全額について一括返済せよと要求されます。

「分割払いさえ困難な状況にあるのに、一括で払うなんて出来もしない!」とお感じになると思います。
その感覚。間違いなく正解です。

もちろん相手である銀行の担当者もそんなことは十分承知しています。
しかし、その先の手続きをするために、決められた手続きをする必要があるのです。
この時点では分割払いの交渉は不可能です。

一括返済の要求からしばらくすると、今度は「代位弁済のお知らせ」という手紙が届きます。

あなたの保証人が、あなたに代わって借金全額を銀行に返済したというお知らせです。
一言で言うと「あなたの代わりに借金を立て替えたから、一括で返済せよ」という要求。

お忘れかもしれませんが、あなたは住宅ローンを利用する際に保証人を付けていたのです。

詳しくは代位弁済とは?をご覧下さい

代位弁済後の相手は銀行ではなく保証会社やサービサー(債権回収会社)に代わります。

正直な話、債権が銀行から移った先の担当者は横柄な人が多く、わたしどもも閉口することがあります。

担当者の対応レベルはもはや顧客ではなく「ローンを返済しない悪いヤツ」です。
ぞんざいな言葉を使う人も珍しくありません。

保証会社やサービサーの担当者は、あなたから借金を回収できるとは思っていません。

競売という手続きで資金の回収をすることが仕事だからです。
競売についてはこちらで解説しています

競売手続きでは、所有者であるあなたの同意なしで勝手に不動産を売却します。

一般的に競売での売却は市場相場よりも安価で募集がかかります。
安価で売られれば売られる程、あなたの借金は多く残ることになります。

回収できない借金が多ければ多いほど、保証会社やサービサーは回収に力を入れることになります。
主な改修手段は、あなたの預貯金であったり、相続登記が未了になっている不動産だったり満期返戻金がある生命保険だったり様々です。

そうそう、一番目が付けられやすいものがあります。
それはあなたのお給料。

あなたの勤務先から支払われる給料を差押えてしまえば、かなりの額を回収することが出来るからです。
しかも安定的に。
自己破産し免責決定を受けるまで、債権者からの差押えに怯える日々が続くことになります。

競売手続きになる前や競売手続きが始まってから、任意売却をする方も多くいらっしゃいます。
さて、債権者が競売の申立てをしたら一巻の終わりなのか?
そうではありません。
実は債権者も競売を望んでいないことが多いのです。

理由は先に書いた通り、相場に比べて非常に安価で始まる募集金額です。
諦めずに、一度任意売却を検討してみてはいかがでしょうか?
何から始めれば良いのか分からない!という方はまず私たち任意売却の専門家「住宅ローン緊急相談室」の無料相談をご利用ください。

私たち「住宅ローン緊急相談室」は、住宅ローンの滞納状況についてお話を伺った上で、あなたにピッタリな対応法を分かりやすくアドバイスをしサポートを行っております。遠慮なくご相談下さいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談