競売とは?

競売とかいて、「けいばい」とか「きょうばい」と呼びます。

一言で言うと、あなたの財産を裁判所で強制的に売却し、得た金銭を債権者で平等に分配する手続きです。

あなたの意思とは関係なく、強制的に不動産を換金する手続きです。

覚えているでしょうか?
住宅ローンを借りたときに、あなたが持っている不動産に抵当権という権利を付けたことを。

抵当権とは簡単にいうと、この家は借金のカタになっています。
という証を公にすることです。

住宅ローンは約束通りに返済が進めばなんの問題もありません。
しかし、あなたが住宅ローンを支払えなくなったとしたらどうなると思いますか?

銀行員が突然やってきて、無理やり権利書を奪い取っていくのでしょうか?
そして、銀行員が勝手に不動産を売りに出すのでしょうか?

いくら借金のカタになっているとは言え、このような行為は自力救済といって違法です。
日本ではこういった「自力救済」は認められていません。

では、銀行員があなたに「家を売却して返済お願いします」と言うのでしょうか?
違います。

銀行は裁判所に「換金」の手続きを申請するのです。
あなたの不動産を換金するための手続きです。

それが「競売」です。

民事執行法という法律に定められた手続きで、所有者であるあなたの同意がなくても裁判所は勝手にあなたの家を売却することができます。

売却された後のあなたの立場は無権限の占有者となりますので強制執行という裁判所の手続きにより、その名の通り強制的に部屋の中の荷物を表に搬出され明け渡しを敢行することになります。

「それでは困る」という方の中で任意売却を選ぶ方も珍しくありません。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。