内緒でバックを要求する保証会社

弁護士から任意売却の依頼をいただいている、横浜市港北区のマンション。

付いている抵当権は一番抵当権が公庫、二番抵当権が建設業系保証会社。
販売開始してからは、数ヶ月経ちます。

一番抵当権者の要望で販売価格がやや高めの為、時間がかかっていました。
先日、一番抵当権者との交渉により、ようやく販売可能な価格帯に。

そのおかげで、買主が見つかり売買契約の段取りを始めた所、とんでもない事態に遭遇。

何と、二番抵当権者が仲介手数料の中からバック(リベート)を要求。
仲介手数料は物件価格の約3%。

その中から1%を払えと言うのだ。
二番抵当権者に払うお金があるなら、ウチに返済してくれと一番抵当権者なら必ず言うだろう。

その事を二番抵当権者に言うと、「一番抵当権にはナイショで」と言う。

そんな馬鹿な!
と思いますよね。しかし現実にこのような保証会社は存在します。

私達は立場を利用した、不当要求に屈したくありませんが
任意売却を成功させなければいけない。という使命もあります。

対応が難しい部分ではあります。
こういう保証会社を使わないように、金融機関に
提言することも一つの方法です。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談