季節性うつ病

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「季節性うつ病」のことについてのお話でカテゴリーは任意売却杉山善昭のブログです。

あなたは「季節性うつ病」という言葉を聞いたことがありますか?
症状としては、過眠、過食、炭水化物や甘いものの欲求があり、一般的なうつ病とは逆の傾向が見られるそうです。

この季節性うつ病は、日照時間の短い秋から冬にかけて発症することが多くなるので、お天気の良い日は出来るだけ散歩するなどすると良いそうです。
病気とは関係ありませんが、冬でも快晴な日でしたら運動すると単純に気持ちいいですよね。
私は、任意売却の業務であちこちに行くので、自動的に運動できて日光にも当たっています(笑)寒くなって何となく憂鬱な気持ちが続いているなら、一度ウォーキングなんて試してみてはいかがでしょうか?

話は多少逸れますが、厚生労働省が発表している「患者調査」によると精神及び行動の障害で通院や入院した人の数は320万人だそうです。(2011年)
今年の新成人が3万4千人程度ですから、すごい数だということが分かりますね。

もう精神疾患は珍しい病気ではなくて、「誰がかかってもおかしくない病気」です。
ストレスを少しでも少なくできるといいですね。
また、例えばうつ病は、体がだるい、疲れやすい、めまい、口が渇くなどのサインが体から出るようですから、「おかしいな」と感じたら無理せず休むと良さそうです。

任意売却のご相談に伺うと、住宅ローン緊急相談室に連絡するまで「一人で悩みを抱え込んでいた」という方が多く、妻や子供にも言っていない方がいらっしゃいます。苦しいときは無理せず、「苦しい」と言ってみるだけで少し心が楽になり、実際に相談が終わると「気持ちが楽になった」と喜んでいただくこと。珍しくないんですよ。

私達住宅ローン緊急相談室は一日も早く、あなたがストレスから開放され、楽しく笑顔がでる毎日が過ごせるようにサポートをしています。お気軽にご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談