60歳住宅ローンが払えない!

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は
「60歳、住宅ローンが払えない!」
というタイトルです。

今回ご相談にお見えになった方のお話です。
仮にK様としましょう。
お勤めになっている会社の定年は60歳。

K様がご自宅をお買いになった時代、会社の先輩は定年後も普通に働いており、K様も「みんな70歳くらいまで働いているから、大丈夫だろう。」と思ったそうです。

K様は当時34歳。
35年のローンを組んでも69歳でローンは終了するし、問題なし。と思っていたそうです。

あれから26年。

K様の予定が大幅に狂ってしまいました。

狂ってしまった住宅ローン返済計画とは?

景気の低迷により、会社が定年後の再雇用に後ろ向きになってしまったのです。
仮に嘱託で働くことができても、給料は大幅ダウン。
とても生活できる額面ではありません。

どうしよう。。。
悩みが頭の中をグルグル回り続けましたが、良い解決方法は浮かばず、ネットで住宅ローン緊急相談室を見つけた。という経緯です。

私がシュミレーションをした所、現在の支払い、収入のまま行けば、21ヶ月後に蓄えが枯渇し、破綻する事が分かりました。

K様の予想通り、このままでは破綻してしまうので、手を打たなければいけません。

どのような解決方法があるのでしょうか?

住宅ローン破綻の解決方法の順番

病院に行くと、まず身体の診察をして、それから治療法やお薬を決めますよね。
不動産も同じです。

まず、不動産と依頼者の状態を確認します。
それから、解決方法です。

因みに不動産は特に問題となる事はありませんでした。

K様の住宅ローンですが、ある程度返済が進んでいる事から、売却代金から残債務を引いても、ある程度のお金が残りそうでした。
では、売却をすればいい。というのは早計です。

売却をすれば、どこかに引っ越すことになりますから、家賃がかかります。
もし、住宅ローンと同じ程度の家賃なら、破綻の時間を遅らせるだけで、意味がありませんよね。

長年住んでいた家ですから、「極力引越しをしたくない」というお気持ちも当然あります。

解決方法の順番ですか、まず最初に親子間売買ができないか検討することにしました。
お子様が購入してくれれば、引っ越す必要ありませんからね。

しかし、この案。
実現困難でした。
K様のお子様は海外に赴任しており、日本に帰る予定もなかったので、無理もありません。

次の手です。
これがダメなら、普通に売却するしかありません。

投資家への売却を検討しました。
つまり、一旦売却をするけれど、同時に賃貸借の契約も結んで、住み続ける。というものです。

この場合、問題となるのが、やはり「家賃」です。

家賃が住宅ローンの返済額と変わらないのなら、意味がありません。
今回は、返済が進んでいて、残債が少ないこともあり、売却代金をある程度抑えれば、その分家賃水準も抑えられるので実現可能でした。

では早速、投資家を探す。。。
とはなりません。

まだ検討しなければいけないものがあります。

売却した後のこともしっかり検討

検討しなければいけないもの。
それは、「税金」です。

売却したことにより、莫大な税金がかかってしまうと大変です。
購入した金額、不動産の名義、居住状況等からおそらく問題ありません。

税金の分野は税理士ですので、後日念のため確認を取ることにしました。

この案件はこれで、スタートが切れます。
できるだけ、K様と気が合いそうな投資家を見つけたいと思います。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談


ページのURLを友達にメールする