どうして任意売却にかかる費用がゼロなのか?

任意売却の場合、基本的に売却経費のご負担を
お手元のお金から捻出していただく必要はありません。

ではどうして任意売却の場合は、費用の持ち出しがなくて大丈夫なのかご説明しましょう。
一般的に不動産を売却するときには経費が必要です。

不動産の売却の際の経費とはどのようなものでしょうか?
仲介手数料、印紙代が必要です。
状況によって、抵当権抹消費用、住所変更登記費用、境界杭設置費用なども必要となります。

この売却経費は、売主が負担することになります。
ちなみに仲介手数料は物件の価格×3%+6万円+消費税です。
(400万円を超える物件の場合)

図のほうが分かりやすいでしょうか?

一般に不動産を売却する際

お分かりいただけたでしょうか。

住宅ローン残高+売却経費=売却代金+自己負担分
という計算となります。

売却代金から住宅ローンの残額と売却経費が捻出できれば、お釣りがきますが足りなければ、持ち出しということになります。

しかし、住宅ローンの支払いが遅れている家計からは足りない分を簡単に出すことなどできはしませんよね。

これに対して任意売却は発想が違います。
図をご覧下さい。

一般に不動産を売却する際

売れる金額-必要経費-引越代=返済額という計算になっています。
残りの部分だけを返済にまわすという仕組みにです。

一般の売却の場合は、必要な資金を調達するという発想ですが任意売却の場合は、売れたお金から返せるだけ返すという発想なのです。

つまり、「全額借金を返さなくても売却ができる」ということになります。
全額返済しなくても、売却できるので必要となる経費も控除することができるわけです。
私達住宅ローン緊急相談室は任意売却の注意点や気をつけるべきポイント、競売との違いについて、わかりやすくアドバイスとサポートを行なっております。
「マイホームを売りたいけれど、手元から費用を出すことはできない。」という方も遠慮なくご相談くださいね。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
  • 電話で任意売却相談
  • メールで任意売却相談
  • LINE@で任意売却相談