横須賀市追浜の任意売却相談

横須賀市の任意売却
横須賀市は追浜で任意売却の打合せでした。
追浜と言えば、日産の追浜工場が有名で、テストコースで未発表の新車を走らせるニュースに若い時は、何とか見ることができないか、無い頭を絞って考えた思い出があります。
今回初めて知りましたが、追浜はベイスターズの二軍の本拠地でもあるそうですね。

今回のご相談はその京浜急行線の追浜駅から徒歩圏の不動産。
まだ滞納1ヶ月ということで、初期段階のご相談でした。


このくらいでご相談いただくと、非常に時間的猶予があって計画も立てやすいです。

負債は、住宅ローンと車のローンというシンプルなもの。
マイホームを購入した後、会社のリストラにあい、転職先が見つかったものの、給料が大幅ダウンしてしまい、住宅ローンの支払いに支障が出た。という状態。

不動産を売却する上で問題となるのが、売却可能額よりも残債が多く、いわゆるオーバーローン状態ということと、転職による収入ダウンで蓄えが殆どない。という点でした。

幸いな事に債権者が、せっかちな債権者ではなく、他の債権者に比較して対応が遅い、某金融機関(実名は伏せます)なので、時間を稼ぐ事ができる見込み。

既に、住宅ローンの支払いがなされていないので、その分全額ではありませんが、引越し代に充てるためにプールしていただく事にしました。

オーバーローン状態の件については、滞納月数が少なく、現時点で任意売却ができないため、タイミングを待つことにしました。
もっとも、早く売却できるとしても、転居費用がないので調度良かったともいえますが。

そして売却後に残ったローンの処理。
自己破産、示談、何もしない。と三つ方法がありますが、こちらについては今後、要検討。

最後に、これからすべきこと、見通しなどをご説明した後、必要書類を作成して、今回のご相談は終了となりました。

繰り返すようですが、残された時間があればあるだけ、選択肢も増えますし、準備もできます。

「見切り千両」という株の世界の名言がありますが、一日も早く「見切る」ことが大切です。
その「見切る」ために私達、専門家を使っていただけると幸いです。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。