住宅支援機構からの引越代

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が方針を転換しました。
少し前から、不動産業者が買い取る任意売却が困難になったのですが
更に今度は、引越し代の捻出が困難になるようです。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「住宅支援機構からの引越代」というテーマでお話していきます。

実は支援機構、その時々で方針が変わることがあります。
支援機構の回収は、いくつかの会社が担当しているのですが
その内の一つの会社の担当者から、引越し代の話を聴きました。

絶対に出さないという訳ではありませんが
当面の間は厳しくなるようです。

当然黙っている訳には行かないので、対応をしなければいけませんが
弊社では既に出来ています。

毎月の支払いに困って、住宅ローンの返済が延滞する訳なので
引越し代の捻出はたやすいことではありません。

少しでも早くからご相談いただくことが、最大の対策です。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談