不動産情報の流通はどうなっている?レインズという不動産業界ならではの仕組みを解説

不動産の流通経路ってご存知ですか?
意外と知られていないので、今回は不動産業者が言いたがらない不動産流通の仕組みについて書いていきます。
動画でもご覧いただけます。

売却の依頼を受けた不動産業者は、売りに出された不動産をレインズという不動産情報バンクに登録します。
株の世界でいう東京証券取引所のようなものです。(売買は成立しませんが)

レインズには日本全国の不動産会社が会員登録しており、売りに出されている不動産情報を簡単に得ることができます。

売却物件情報を得た不動産業者は自らの顧客に紹介します。
顧客が購入すれば、売主-売主依頼の不動産業者-買主依頼の不動産業者-買主という関係の中で売買が成立し、売主及び買主はそれぞれ依頼した不動産業者に仲介手数料を支払います。

任意売却も上記、一般の不動産と同じように流通していきます。

一般的に不動産を売りたい人は、「どこに頼んだら一番高く売れるか?」という期待を込め、お客さんがたくさん居そうな不動産会社に依頼することが多いのですが、このような判断基準は間違っているのです。

なまじ営業力がある会社は、不動産の囲い込みという手法を使い、自分達だけで買主を探したがるのです。

不動産を売却を依頼する会社は、「顧客が多そうな会社」ではなく「売却プロデュースの上手い会社」に依頼しないといけないということです。

私達住宅ローン緊急相談室は任意売却の専門家として自社の儲けよりも、依頼者の救済を優先しています。
その為、このページに書いたような、大手不動産業者の抱え込み営業などは絶対に行なっておりません。
任意売却は、競売の期限までに売却しなければいけない。という非常に重要な点を念頭に置き日々活動しております。