任意売却業務を行う不動産会社の役割は、「買主を探すこと」ではありません

今回は、不動産を売りたいと思っている不動産所有者の大部分が勘違いしていることを記事にしたいと思います。

結論から言うと、タイトル通り、任意売却売却業務を行う不動産会社の役割は、「買主を探すこと」ではありませんというそのものです。

「じゃあ、一体何をするの?」と疑問に思うのは当然ですよね。

任意売却会社の業務は「売却をプロデュースする」ことです。

「買主を探す業務」は売却不動産のエリアを営業エリアとする不動産会社全社が協力してくれます。
この説明で頭に「?」が浮かんできた場合は、以下の記事を先にご覧ください。
特に、不動産流通の仕組みは必須の知識です。

さて、いかがでしたでしょうか?

多くの売主は、「お客さんがたくさん居そうな不動産会社」に売却を依頼してしまいます。

それが間違いだと気が付かずに。。。
関連記事で書いた通り、不動産の業界において、両手取引というものがあり、実現すると不動産会社の利益は二倍になります。
不動産会社の利益は二倍になりますが売主の利益は増えることがありません。

私は、両手取引がダメだというつもりは全くありません。
正当な販売をした結果、両手取引になることは現実的にあるからです。

しかし、両手取引にする誘導をしては絶対にいけません。
関連記事にも書きましたが、住友系や三井系の大手不動産会社は異常な割合の両手取引をしているので、囲い込み営業をしていることは容易に想像できます。

会社の方針として両手取引を推進すればするほど、一般的には成約に至るスピードが落ちます。
何故なら、他の販売協力会社の営業活動を妨害するからです。
他の販売協力会社の営業活動を妨害する行為を囲い込みというのですが、その異様手段を使うようになるからです。

売主にとっては百害あって一利なし。

この問題が根深いのは、売主宛てに発行されるレインズの登録証明にも、売主が直接閲覧できるレインズの登録画面にも「広告不可」という登録を勝手にされていることが分からない。という点です。

その為、知らない間に囲い込みをされているという事態が生じます。

私もされているかもしれない。。。と感じたら当事務所で無料で調査しますのでご相談くださいね。

さて、囲い込みされている可能性が強い場合は、媒介契約を即解除することを推奨します。
売主に黙って囲い込みをしている会社は、しょせん自社の利益しか考えていないわけですから、そのまま依頼するメリットはどこにもありません。

不動産取引は、契約書の一語一句がとても重要ですから、あなたの利益を優先、尊重しない不動産会社が作成する売買契約書など信用するに値しません。

神は細部に宿るという言葉の通り、囲い込みをするような会社はあなたのために働くことはありません。

話が囲い込みに偏りすぎましたので元に戻しますが、先に説明した通り不動産の売却を依頼された会社の仕事は「売却をプロデュース」すること。

つまり、自社がガリガリ買主を探すのではなく、販売協力会社の協力をスムーズに得て、不動産業界全体で買主を探すことができる体制を作ることなのです。

その業務が出来さえすればよいので、北海道の会社が大阪の不動産を受任しても、福岡の会社が東京都の不動産売却業務を受任しても何ら問題はないのです。

弊社は神奈川に会社がありますが、現時点で鹿児島、香川、奈良、兵庫、大阪、京都、東京、埼玉、群馬、千葉など挙げればキリがありませんが、全国各地から売却のご依頼をいただいております。