SMBC信用保証の保証が付いている三井住友銀行住宅ローンの任意売却


こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。

今回は、旧さくら銀行(現三井住友銀行)から借りた住宅ローンが滞り、任意売却になった事例をご紹介します。

まずは状況説明から

不動産は大阪市のマンション。
元々夫婦で住んでいたが、離婚を期に別居。
奥様だけが引き続き居住し、ご主人は退去したそうです。

しばらくして、返済が滞るようになったことで、居住していた妻が退去。
離婚協議中の妻は代理人をたてたので、離婚の協議もする必要があるが取り急ぎ住宅をなんとか処分したい。
そのタイミングで、任意売却を決断。

当事務所にご相談にお見えになる前は、大阪の不動産会社に売却のご依頼をなさっていたようです。
売却可能な見込み価格では、残っているローンの完済はできないため、返しきれないお金はどうすれば良いのか?聞いたところ。。。

「自分で銀行と交渉してください」と取りつく島がない態度で言われたそうです。
その時点で延滞3か月。

ハシゴを外されたD様。途方に暮れてしまったそうです。
三井住友銀行の担当者に連絡するも、「全額返済してくれないと売却を認めません」の一点張り。

なぜ認めてくれないのか?というと、、、
下の動画で解説をしているので、ご覧ください。

ご覧になりましたか?

という訳で、銀行と任意売却の交渉をしても残念ながら無駄なのです。
任意売却の交渉すらできないのに、残った負債の交渉などできるはずもありません。

ヒドイアドバイスをした不動産会社です。

さて、そんな状態でスタートしたこのお話し。
三井住友銀行からSMBC債権回収に管理が移らないと、任意売却はできません。

普通はできないならそのまま待つ不動産会社があると思いますが、私は違います。
今回は売却見込み額と残債の差がそれほど大きく無かったので、ダメ元で販売に出しました。

作戦はこうです。
1、残債が返済できる金額で販売する。
2、SMBC債権回収に管理が移ったら価格を下げて任意売却にする。
3、競売までに売却できなければ不動産会社の下取りにする。

傷口が小さいところから順番にやっていく作戦です。
うまく1で売却できればそれでOKですからね。

そんな状態でスタートした販売。
室内を実際に見にいったところ、、、
相当ヒドイ状態でした。
ペットを飼っていたのであちらこちらに、おしっこの跡があり臭気も相当なもの。

リフォームをしたとしたら、ざっくり300万程度はかかる状態。
何より見た目が厳しいので、購入検討者の意欲を削ぐ状態でした。

本来なら、リフォームしたいと所ですが当然リフォーム資金を売主が捻出することはできません。
現況のまま販売せざるを得ません。

いよいよ本番

時間的制限
そうこうしているうちに、SMBC債権回収に債権が移転。
今までは一般の販売(残債が残らない金額での販売なので)でしたが、いよいよ任意売却のスタートです。

住宅金融支援機構などは、予め販売価格について協議することができるのですが、SMBC社は公庫と勝手が違います。
明確な販売価格の指定をしないのです。

その為、SMBC社の担当者と話しをしながら、承認してくれるであろう販売価格を探る必要があります。
査定を出すも、担当者の要求していると予想される価格が思ったよりも高い。

「その価格で販売してきたけれど売れないんだよな」そう思いつつ相手の立場もあるのでいったん持ち帰り。
依頼者に報告して、継続販売。

一定期間が経過した所で、販売活動報告と共に価格変更協議。
債権者は「債権者の要求する通り販売したけれど、売れなかった」というエクスキューズが欲しいのです。

ほどなくして買主が決まり、売却代金からどこにどうお金を配分するのかの折衝も決まり、残すところは残った負債をどうするか?の話です。

冒頭の話に戻りますが、負債の交渉は不動産免許ではできません。
弁護士の資格が必要です。

その為、負債の交渉は自分で行う事になります。
そういう意味では、元の不動産会社の説明は間違ってはいないのです。

しかし、それであれば最初からきっちり説明をしておけば済む話。
もちろん弊社は受任する前にその点は説明しましたので、何のトラブルもありませんでしたが。

残った借金を示談するコツ

話を元に戻しましょう。
残った負債の処理の方法は、事実上自己破産か示談かを選ぶことになりますが、自己破産しない場合は示談です。

この時に生活状況についてヒアリングされます。
うっかり口を滑らすと債権者の要求も上がってしまうので注意が必要です。

もちろんウソはダメですが、毎月少しづつ払うのであればそれを承認してもらいやすい説明の仕方があるのです。
基本的には払いたい誠意を見せることと、払う努力をすることが伝わるように説明するのです。

私は経験上、債権者が何を話してくるのか知っていますから、アドバイスをすることができます。
また、任意売却の一連の活動中であればその場に同席することも可能です。

今回も任意売却を成功させることができてうれしく思います。

※写真はイメージです。実際の支店とは関係ありません。

専門家に相談で楽して安心!

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談