不動産査定書の流通性比率って何ですか?

建物不具合
こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。

今回は、不動産の査定書を作成する際の「流通性比率」という言葉について解説です。

結論から言うと、「流通性比率」とはどれだけ売れやすいか?
どれくらい売れにくいか?
を数値化したものです。

もし流通性比率が0.95となっている場合、本来の査定額から5%減額したということになります。

では、この流通性比率。
どのような要素があると流通性比率に影響があるのか?説明したいと思います。

その前に、宅地建物取引業法の規定には、「不動産会社が顧客に査定価格を述べる時は、その根拠を示さなければならない」と決まっています。

例えば、あるエリアの住宅地。そうですね。。。どの土地の面積も50坪前後あるところとしましょう。
50坪の面積の土地の価格平均は4,000万(坪単価80万)とします。
全体の区画数は500区画の大規模分譲地です。

その中にある一つの土地があります。
この土地の面積は200坪です。

さてこの200坪の土地の価格はいくらになるでしょうか?

相場が1坪80万なので、
200坪×坪単価80万=16,000万と思いましたか?

実は違うのです。

この場合、坪単価は80万よりも圧倒的に安くなります。
何故か?

このエリアの顧客層は、土地代で4,000万円程度なのです。
16,000万の予算がある人は、この分譲地を買わないのです。

では、200坪の土地を4分割して50坪づつ売ったらどうか?
確かにそれができるならその方が良いでしょう。

但し、4分割にするということは、水道下水ガスなどを4件分道路から引き直す必要があります。
また、宅建業の免許を持たない人が敷地を4分割にしてそれぞれ違う買主に売ることは法律に違反します。
つまり宅建業の免許を持たぬ者は、分割して売却できないのです。

このことは、不動産業に従事している人でも意外と知られていないことですが。

なんとなく見えてきたでしょうか?
売りにくいから、その分価格を下げる。
誰もが買いたいと思うからその分価格を上げる。

これが流通性比率です。

例えば、タワーマンションの最上階角部屋。
少なくて2部屋。多くて4つ程度です。
とても希少価値があります。

従って流通性比率は。。。そうですね、1.00を余裕で超えます。

このサイトは任意売却のサイトですから、任意売却の場合はどうなるのか?
もちろん解説しますね。

一般の売却は、買主に引渡後に何か不具合があった場合、売主が保証する契約になっています。
例えば、お湯が出ない、雨漏りしたなどです。

マンションの場合は雨漏りは普通無いと思いますが、、、

では任意売却の場合はどうでしょう?

任意売却の場合、売却代金だけでは負債が払いきれません。
不足分を用意する手持ち金もない。
ということは、引き渡し後に保証しなければいけない事態が発生しても、保証ができない。ということになります。

例えば、同じ値段で販売されている二つのお部屋。
一つは保証付き、一つは保証なしであった場合、あなたが買主だとしたらどちらを購入するか?

答えは明らかですよね?

保証なしの部屋はそれ相応価格を下げないとバランスが取れません。
バランスを取る意味で流通性比率を用いるのです。

一戸建てに比べてマンションは不具合が出る箇所が少ないで減価割合は戸建ての方が多くなります。
減価目安は概ね5~10%ですが、問題の多寡で変わります。

任意売却の専門家が相談にのります

あなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談