住宅金融支援機構(公庫)の任意売却注意点

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。

今回は「住宅金融支援機構の任意売却
というタイトルの記事です。「住宅金融支援機構の任意売却」のことについて分かりやすくお話をさせて
いただきますので、宜しくお願いいたします。

住宅金融公庫の住宅ローンが滞ってくると、「任意売却しませんか?」という
お誘いのお手紙が届きます。

更に、任意売却業務を扱っている不動産屋さんを紹介する事もできますよ。と
一見、親切丁寧な提案をしてくれる担当者もいるようです。

しかし、ここで注意が必要です。

銀行指定の不動産会社の問題という記事でも書いた通り、住宅金融支援機構が紹介する不動産会社にも同じ共通点があります。

それだけではありません。
銀行が紹介した不動産会社の依頼者は、誰でしょう?
形上は不動産所有者である、あなたですが事実上は債権者である
銀行や住宅金融支援機構です。

こういった経緯で関与した不動産会社は「誰の為に仕事をするでしょうか?」

事実上の依頼者である、銀行や住宅金融支援機構です。
具体的には、一円でも多くのお金を債権者に回収させることです。

もうお分かりかもしれませんが、私達が交渉すれば得ることができた
引越し代も、銀行指定の不動産会社では回収資金に回されてしまう
可能性が高いのです。

あなたのために任意売却業務を行うのではなく、債権者のために仕事をする任意売却会社が一定数いるということを忘れると危険です。
もちろん、真面目な会社もありますが、注意していただくことは忘れないでください。

私達住宅ローン緊急相談室は住宅金融支援機構の任意売却も数多く手がけてきました。
わかりやすくアドバイスとサポートを行なっておりますので、
遠慮なくご相談くださいね。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談