住んでいる状態で任意売却できるか?

「住んでると任意売却の出来ないと思っていました」
相談者はずっとそう思っていたそうです。
全くの勘違いなのですが、その為に任意売却について行動するタイミングが遅れてしまいました。

こんにちは、住宅ローン緊急相談室の杉山 善昭です。
今回は、引っ越さなくても任意売却ができる。というテーマでお話をしていきます。
結論から先に書いてしまいましたが、先に引っ越さないと、売却できない。と思い込んでいらっしゃる方。

意外と多いんです。

この原因は、大きく分けて二つ考えられます。
一つは、債権者が紹介した不動産会社。
二つ目は、自ら依頼して会社の知識不足若しくは故意。

どちらも大差ないのですが、売主が居住している不動産と居住していない不動産。

どちらが売りやすいでしょうか?

答えは後者。

居住していないほうが売りやすいのです。
これは、室内に物がない。という物理的な理由ではありません。

居住していると手間がかかるからです。
というのも、購入検討者は必ず内覧をします。

逆に言えば、室内を見なければ、その物件を購入できないのです。
我々プロですと、室内を見ずに購入することはありますが、一般の方が室内の状態を確認することなく購入を決めることはまずありません。

ということは、購入の意思決定には必ず「内覧」というプロセスがあるという事になります。

この内覧ですが、もちろん購入検討者と売主の都合が合わないと実現しません。
運動会シーズンや、売主が独身で仕事が忙しい場合。

内覧の日程調整に苦労することがあります。

結果、チャンスを逃してしまう事も珍しくないのです。

これを一気に解決する方法が、「一日も早い退去」なのです。
だんだんお分かりになってきましたか?

日程の調整能力のない営業担当者だと、いつまで経っても内覧日が決まらない。という事になるのです。
それを避けるために、「早い引越し」を要求する会社が一定数いるのです。

今回ご相談を受けたものもそう。
今まで依頼していた会社から、売却話が決まる前にも関わらず、引越しを要請されていました。

競売の入札はおそらく、来月か再来月。
確かに日程的には余裕がないので、一日も早く買主を決めたい状態であることは間違いありません。

今回は競売、任意売却どちらも借り入れが残ってしまう。
任意売却するメリットとして考えられるのは、
◯残る借入が少なくなる
◯未納管理費が払える
◯未納税金が一部払える
◯今年の固定資産税の負担が減る
〇売却価格から転居費用が一部負担できる可能性がある
です。

買主が決まる前に引っ越した場合、「売却代金から引越し代の一部を充てる」ことは不可能になります。
売ることも必要ですが、金銭的メリットを受取る可能性を排除することは依頼者のためになりません。

そうそう、奪い取られたのではなく「自ら売却した」という、気持ちの問題も大きなメリットです。
HL057L
繰り返しになりますが、現在お住まいになっている状態でも、任意売却は問題なくできます。

売却が決まれば引っ越すことになりますが(売却後賃貸の場合を除く)その場合でも、売れたから即引越しということは
ほとんどなく、ある程度の時間的余裕はとることが出来ます。

但し、リミット(家の引渡し時期)は競売の期限となりますのでやはり、少しでも早くからのご相談がよいと言えます。

少しでも早いと何が良いかというと、選択肢が増えるのです。
任意売却の種類は6種類あるのですが、任意売却をスタートする時期によって、選択できる範囲が狭まってきます。

一人でお悩みになるのも良いですが、少しでも良い解決方法を見つけるために私達、任意売却の専門家へご相談下さい。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談