任意売却プロとアマの違い

任意売却に限らず、一般的にプロとアマの違いは何か?
一言で言えば、アマは本業が別にありお金を稼くことを求めていない者です。

プロの最低条件とは、その業務をする事で、報酬を得る者です。
では、入社一年目の社員はプロと呼べるのか?

少なくとも未経験で入った一年目の社員はプロとは呼べません。
入社間もない社員は、業務を単独で履行する能力はないからです。

では、単独で業務を履行できればプロなのか?
私は違うと考えます。

依頼された業務だけ履行するのでは、ただの「手続き代行屋さん」です。

単なる手続き代行業務に、依頼者の意向を踏まえた上で依頼者の潜在ニーズ、考えられるリスクを想定した上で、依頼された業務に独自の価値を加えたプロデュースをする事ができる者がプロだと思います。

私自身、独立前に15年、独立してから12年売買業務に携わっています。
肌感覚や周りの同業者の状態から勘案すると、概ね10年程度の経験がないと、ストレスがない不動産取引ができないと感じます。

つまり、不動産業10年未満は全て、「プロ見習い」と言えます。
では、経験が10年あれば良いのか?

答えはNOです。

不動産業界では必須の宅建資格ですが、不動産業界に10年以上携わっていても未だ未取得の営業マンも存在しています。
実務のスキルを提供するには、資格という裏付けが必要です。

確かに宅建士は従業員5人に1人の割合で在籍すれば、法律に違反しません。
しかし、法律に違反するか否か?という事とプロとしての業務ができるかどうか?という点は根本的に違います。

価値ある不動産取引には、宅建士の資格が最低限必要です。
その資格すら取れない、取らない人は何十年やっていてもプロとは呼べません。

話が若干ずれましたが、不動産売買のプロになって初めて、任意売却業務の見習いになります。
不動産売買を知らずにいきなり任意売却をすると、ありえない段取りを計画してしまうことがよくあります。

任意売却という業務は不動産業界でも特殊です。
それ故、任意売却の実務を知らぬ不動産会社、宅建士が多く存在しています。

事実、日常業務においても、任意売却業務を知らぬ取引先から、素人レベルの質問が寄せられます。
そもそも、任意売却業務は、不動産の売買業務を分かっていないとできない業務です。

私の事務所にも、素人任意売却業者に依頼した被害者からの相談が枚挙に暇がない位、寄せらせます。
依頼者にとっては、交通事故にあうような不幸な事故です。

原因は大きく分けて二つ。
前述したような、売買業務を知らぬ不動産会社に依頼してしまったパターン。

もう一つは「お金に釣られた」パターン。
ありえないキャッシュバックや甘い条件を信じ、依頼した結果ハシゴを外される事。

最悪なのは、「騙された」と思った時点で時間的に手遅れになっている事が多いのです。
プロは依頼者をお金で釣るような事はしません。

医者が、治療費をキャッシュバックするでしょうか?

しません。

キャッシュバックを宣伝文句にする会社は、「キャッシュバックを売りにしないと仕事が来ない会社」だと自ら告白しているようなものです。
この時点でプロではないという事は明白。

「任意売却のアマチュア」にはぜひ気を付けていただきたいと思います。
この点については、非常に厳しい表現ですが、「依頼する専門家を選ぶ責任は、自己責任」としか言いようがありません。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。

携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談