兄弟間売買の基本

ご相談いただいているマンション。
ご依頼は兄弟間の売買。

親子間の売買でも、結構ハードルが高いのですが
今回は兄弟間です。

まずは都市銀行へ持ち込む。
多少、脚色を加えて審査役には説明するも、結果はダメ。

この案件、幸いなことにオーバーローン状態ではないので
まだ手はあります。

次の手を打ちます。
何とかしてさしあげたい。

兄弟間売買の場合(親子間売買でも基本同じ)、以下のような状態の場合
融資のハードルがかなり上がります。

〇不動産に住宅ローンや税金の差押さえがある
売買しようとする不動産に差押さえがあり、買主が親族ということになると
不良債権を正常な債権にする行為と銀行は判断します。
そうなると、融資の審査は非常に厳しいものになります。

〇購入者に合理的理由がない
買主は基本的にマイホームとして購入することになりますので、
居住できない不動産では融資のハードルは上がります。
例えば、不動産が横浜市にあり、買主が茨城在住、茨城通勤という場合
横浜に住む合理的な理由がないので、審査が厳しくなります。

〇購入者の経済的信用がない
言うまでもありませんが、購入者が既に住宅ローンを抱えていたり
車やクレジットの返済が高い、勤続年数が短いなどというネガティブな
材料があると、融資審査が厳しくなります。

〇相場に比べ現在の残高が高い
住宅ローンは基本的に物件評価(相場)までしか組むことができません。
例えば現在のローン残高が3000万円、相場が2000万円の場合
買い主の住宅ローン上限も2000万円となり兄弟間売買するために
売主は1000万円の持ち出しをする必要があります。
(但し、任意売却状態の場合、1000万円の持ち出しは不要です)

兄弟間売買や親子間売買は、もっと掘り下げられますので
相談したい方は下記よりどうぞ。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

住宅ローン緊急相談室代表相談員杉山 善昭住宅ローンや税金のお支払いでお悩みではありませんか?
頑張ってやりくりしている割に、借金が減らずに困っていませんか?

今すぐあなたの借金問題が無くなったとしたら、どうなるでしょうか。
住宅ローン緊急相談室では、住宅ローン全額を返済しなくても、家を売ることができる特別な売却方法を使って「家のせいで生活に困っているあなた」を救っています。
忙しくて時間が取りづらい方にも喜ばれる、『無料出張相談』と『来店不要の不動産売却』が特徴で、お手元に資金がなくてもご相談、依頼ができます。
「引越代の確保」「住み続けたい」「競売を止めたい」などあなたのお考えもお聞かせくださいね。
このまま苦しい生活を続けますか?それとも年に1回は、あの最高の温泉でご褒美旅行を楽しめる生活にしますか?
今まで、あなたと同じ境遇の方の問題をいくつも解決してきました。もちろん今、皆さん楽しく暮らしています。
あなたも、夜ぐっすり眠れるようになりますよ。今すぐご相談下さい。
携帯、スマホは0120-961529←クリックでお電話つながります朝8時から24時まで。電話が込み合ってつながらない場合は
090-3332-6744、若しくは046-296-5599から折り返しお電話を差し上げます。

電話で任意売却相談メールで任意売却相談