出会い系サイトで投資用マンションを売る輩

こんにちは、任意売却の専門家杉山善昭です。

今回は、長年任意売却の現場にいる私でも驚いた事案をご紹介したいと思います。

出会い系サイトで不動産投資

タイトルにも書きましたが、出会い系サイトを利用して投資用マンションを売るという手口のお話しです。

出会い系サイトで知り合った人から、投資用マンションを勧められて不信に感じた方が検索してくれることを祈りながらこの記事を書いています。

あまり詳しく書いてしまうと守秘義務に触れる危険性もありますし、売った会社が証拠を隠滅する可能性もあるかと思いますので配慮しながらの説明となります。

出会い系で投資用マンションと言うと、さえない男性が女性の営業マンに引っかかったという印象をお持ちになるかもしれませんが、今回私が聞いたケースは逆。

女性が被害にあったというお話しです。

その話を聞いた瞬間、結婚詐欺なのでは!?と思いました。

出会い系サイトで出会って、いつの間にかマンションの投資話になって、気が付いたら数件のマンションを買わされたという事案。

こんなことが現実に行われているとはにわかに信じがたい話ですが、事実は小説よりも奇なりと言いますが、正にその通りです。

投資用マンションの詐欺に関しては、本当に私、投資用マンション業者などこの世からなくなってしまえと思っています。

引っかからない一番の対策は、「人の力をあてにしないこと」です。

詳しく解説しますね。

投資用マンションの購入を勧められる場合、大抵「サブリース」がセットになっています。

何故かというと、不動産投資は入居者がいなかったらどうしよう。という心配がつきものなのです。

「入居者がいないと不安」という心配は当然ですから、投資用不動産を扱う不動産会社も当然対策をしています。

その心のスキマを突いてきます。

「サブリースをするということは、我々は絶対に入居者がいると踏んでいるからです。そうでなければサブリースなんてできる訳ないでしょう!あなたもそう思うでしょう?」

そういったセールストークをするのです。

別件の事例もお話ししましょう。

具体的な数字は書けませんので、仮の数字ですが、サブリースの金額が毎月15万です。

一方入居者との本当の契約が12.5万円です。

どういうことか分かりますか?

オーナーとサブリース会社の賃貸契約が15万、サブリース会社と入居者の賃貸契約が12.5万。

毎月2.5万円の赤字です。

ではどこで儲けるのか?

実は、マンションを売った際の利益が尋常でないくらい大きかったのです。

そこで得た利益を、サブリースである程度使って、一定期間実際に家賃を払う、そしてその後、経営不振等を理由としてサブリースの解除若しくは会社を倒産。

という作戦なのではないかと私は考えます。

実際にサブリースまでやっているので、詐欺にならないようしていると予想されます。

先ほど、「人を当てにしない」というお話しをしました。

そのマンションを購入して、いくらくらいの家賃で貸せるか?という点については、一般の方でも簡単に調べることができます。

皆さんスマホをお持ちになっていると思います。

そのマンションの近く、例えば地域名+賃貸マンション3LDK、等と検索すれば賃貸情報って簡単に手に入ります。

同じような立地、同じような広さ、同じような築年数の物件と家賃が2倍も3倍も変わることはありません。

ということは、今出ている募集を見れば、買おうとしているマンションが果たしていくらくらいで貸せるか?中学生でも分かる話です。

サブリースだから安心と思っていはいけないのです。

サブリースで安心させる不動産営業マン

どんな投資用物件を買うにしても、「もしサブリースが無かったらいくらで貸せるか?」を調べればほぼ100%投資用マンション詐欺にあう事はありません。

何故かというと、投資用マンションの詐欺は、そもそも買う金額が異常に高いのです。

異常に高く売ることによって、利益を確保します。

これが典型的手法です。

高い金額で売るためには、高い家賃が必要。

実現不可能な家賃設定をして投資家を落としいれるのです。

サブリースはその為に使われます。

引っかからないためには、そのマンションが果たしていくらで貸せるか?を知ることが最も重要です。

投資家になりたいあなたにお伝えしたいのは、「人をあてにしない」ことです。

せめて、家賃くらいは自分で調べましょう。

それすらやらずに被害にあっても、私も助けられ、、、助けてますけれど。

投資用マンション詐欺本当に多発しています。

本当にお気をつけください。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭任意売却の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る
●この専門家に無料電話相談をする:TEL0120-961529※タップで電話かかります。